物質とデータが混在する現代は稀有な時代なのだろう

物を作ってる側からすると「なんでも無料でもらえると思うなんてけしからん」と脊髄反射してしまいがちだけど、これは過渡期だからそう考えてしまうだけかもしれない。そもそも電子書籍や電子ゲームなど仮想的にしか存在しない者に対して、物質と同じ値段を付けて販売するというのはどう考えてもおかしい。コンテンツを作るためには同じぐらいのお金がかかると言っているが、どう考えても電子データのほうがコストは安い。流通コストはなくなるし、保管するための倉庫もいらないし、販売するためのコストもいらないし、印刷するためのコストもいらないのだから、物質と同じ値段でしか作れないと言われても眉唾だと考えてしまいがちだ。

しかし、そんな簡単な話でもない。今は過渡期だから物質の販売と電子的なデータの販売の両方を行っているところがほとんどだ。なので、物を作るのは0に出来ているわけではなくて、物を作って販売するまでのルートは残しておく必要がある。0から1を作るコストは非常に大きいが、1を100にするのは既に出来上がっているルートに流れる量が変わるだけだからそこまで変わらないのだろう。ということで、両方が流通している現状のコストはあまり変わっておらず、電子媒体だろうが物を販売していようが同じ値段で販売しないと採算が取れないのだろう。そう。中間業者がまるまる搾取してウッハウハとかいう単純な話ではきっとないのだ。

すべての物は電子化していくことはほぼ間違いない。本であれ音楽であれ物質はなくなりデータが重要になる。音楽などは昔からデータを物に転送するのを個人でやっていたので電子化はスムーズに進んでる。しかし、本は物を個人で作るノウハウはなく、まだまだ時間がかかりそうだ。だが、電子データを持っていくと製本してくれるサービスが出来上がれば、誰もが電子データを買うようになるだろうし、コンビニとかがそのうちサービスとして始めそうな気がしている。物を個人が作れるようになる、つまり質の良い3Dプリンタが各個人が持つような未来が来れば、必然的に電子データを買えば物が手に入るようになり、ここまでくれば物と電子データの境目は非常に曖昧になるだろう。つまり、現状の物と電子データの両方を販売しているのは非常に過渡的な状態なのだ。

全てが電子データで販売できるようになれば物流のコストがなくなりコストは劇的に下がる。そうなれば、広告モデルで十分元がとれるようになるかもしれないし、定額サービスで全てがまかなえるようになるのかもしれない。もしかしたら、全ての創作物は一つのマーケット上に並び、そこが何らかの方法で稼いだ金を分配し、全てが無料で手に入れる時代が来るかもしれない。そのような未来では、今のように爆発的に稼いでいるクリエイターが1人とその他大勢という構造から、爆発的に稼ぐ人間はいないけれど、全員が満遍なく稼げるようになる時代が来るのだろう。誰もが稼げるけど誰も稼げないという世界が良いのか悪いのかわからないが、好きなことをして生きていける確率は今よりも高そうだ。なんとなく今の世界よりも好きなことをしながら誰もが生きるのに困らない程度は稼げていそうなので、物を作って生活している人間としては複雑だけどそんな未来が来ると良いなとは思う。きっと未来はそんなに暗くはない。