前フリがないシモネタは品格を疑われるものですよね

「誰か」を名指しして侮辱するならその「誰か」は起こる権利はあるだろうが、不特定多数に対して言っていることに対して侮辱していることについてセクハラだろって言い出すと世の中を生きづらくしているだけにしか思えない。例えば、酒飲んでる時に童貞の話をして盛り上がっている女性の席があるとして、その席に童貞の男が乗り込んでいって「お前らの話で俺は傷ついた。謝れ」って言ったとしても、女性は謝らないだろうし世間一般的に言えば男性側がセクハラされたとは擁護してくれないだろう。

童貞いじりとかもそうだけれど、基本的になにかをいじるネタというのはTPOが大事であって、笑いがおきるかどうかっていうのは場が非常に大事だと思っている。童貞を馬鹿にしてはいけない状況で童貞を馬鹿にすれば笑いは置きないし、貧乳を馬鹿にしてはいけない状況で貧乳を馬鹿にしても笑いはおきない。前に話した時は大爆笑をかっさらった鉄板の下ネタであったとしても、場が変われば全く笑いが起きないどころか軽蔑の目で見られることもあるだろう。だから芸人は場を作るために前フリをして、その時と同じ状況を作っているのだ。その入念な前フリが出来ない状況で、誰かをいじって死ぬほど軽蔑されて笑い話だと思ったと言っても、それを理解してもらうのは難しいだろう。

そして、インターネットは場の共有が出来ないのだ。空気の共有に非常に向いていないのだ。その場ではグループ内で共有できていたであろう前フリがある前提で書いている文章を、全く前フリを知らない人間が見て軽蔑されるのだ。そして、軽蔑を通り越して侮辱されたと怒り出す人間が出てくるんだ。はあちゅうさんの状況ってこれだと思っている。前フリをちゃんと出来ない状況でのいじりが全員に理解されるなんてほぼ不可能で、それを公衆の面前で言う人間は軽蔑されてもしょうがないのだよ。家の中で酒を飲んでいる時に童貞の話をしたら面白いだろうが、重要な会議の最中に童貞の話をしたら頭がオカシイんじゃないかと思われるだろう。TPOって大事なんだよ。

ただし、その前提を踏まえたとしても、直接的に言われたセクハラと、不特定多数に対して言っているセクハラを同一で語るのは非常に微妙だと思うんだよね。「お前が言うな」は非常にわかるけど、「お前がやってることはお前がやられたことと同じだろ」っていうのは違うと思う。嫌ならば見なければいいというのが通用する状態と、嫌でも見なければいけない状態でやられることは違う。不特定多数に対して行われるセクハラは品格が疑われるが、直接的に行うセクハラは人格を疑われる。グレーというか、限りなく白に近い黒な話と真っ黒な話を同じ土俵で離すのはちょっと違うと思っていて、限りなく白に近い黒だと思われる、不特定多数に対して発せられる、前提を共用している状況で笑い話になる「いじり」ぐらいは許容しないと世の中生きづらくなってしょうがないんじゃなかろうか。