Googleがクソなのは検索じゃなくて広告の方だと思う

検索が無能だと言ってるけど、検索だけじゃなくて広告が無能。見られた数だけで広告料を払っているのが無能だと思う。本来広告は載る場所もかなり重要なはずで、デマばっかり流しているところに広告がでるということはその広告を出している物自体もデマに見えてくる。だから、テレビは企業イメージがあっている番組に対してスポンサーがついてお金を払って広告してもらう。しかし、今のインターネットは広告主はどこに載るのかはわからない。クリック率が良くなるであろうサイトに乗せているというだけで、それがポジティブであるかネガティブであるかは関係ない。登録時には一応審査があるが、審査が通ってしまえばユーザからの通報がなければ広告は出続けるしお金は払われ続ける。PVとクリック率でサイトを判断し、それがネガティブなPVであろうがポジティブなPVであろうが同じPVとして計算し、同じようにお金が払われる。ここが現状のインターネットが腐っている原因だと思う。

キュレーションだとかパクリだとかなぜそれをやるのかというとPVが集まればお金が儲かるからというだけだ。個人でもアフィリエイトで儲かるから読んでもいない本を紹介するしやってもいないゲームを紹介する。そこがクリックされてお金が儲かる仕組みがあるのだからしょうがない。この現状を変えるにはそもそもクソなサイトを作ったらお金が儲からないような仕組みを作るしか無い。例えばパクリでPVを稼いでお金を払っていたのであれば、そのパクリが発覚した時点でその払ったお金を返答させる仕組みを作るとかやりようはいくらでもある。

それをやらないのはやらないほうがGoogleも儲かるからだ。お金が儲かるならなにをやってもいいという時点でクソなんだけど、現状の仕組みがそうだからしょうがない。広告主がGoogleに出稿しなくなればいいんだろうけどそんなことも起こらないだろうし、クソを撒き散らしてクソに引っかかったカスが見に来てることにも気づかずにせっせとお金を払って広告を出し続ける。若い人は検索なんてしないとか言ってるからこの仕組はだんだんと壊れていくんだろう。今のところ、カスな広告を出すのが一番儲かるからGoogleも本気を出さないわけで僕ら一般市民が出来ることはカスみたいなサイトは表示しないしクリックしないことぐらいだと思う。