仮面病棟から大幅のパワーアップに驚愕 – 時限病棟

読んだ。期待せずに読んだけど思った以上に面白かった。

ざっくりあらすじを書くと、目が覚めると知らないところに監禁されていてそこから脱出する話になるのだけど、最近流行りのリアル脱出ゲームの体をとりながら進んでいるところが他と比べると新しい。病院で目を覚ました人たちがなぜ監禁されているのかを考えながら脱出ゲームさながらにお題をときながら脱出を試みていくわけだが、脱出ゲームというパッケージがあるおかげでテンポよく話が進んでいくので非常に読みやすく面白い。また、オチの付け方も非常に好みでなかなかよい。

この本は仮面病棟の続きの話になるのだが、繋がりはあまりないので先に読んでおいたほうが良いというわけでもない。仮面病棟はリンク先でも書いているが僕としてはひねりが足りずイマイチだったので、その続編となるこの本はあまりそそられなかったわけだけど前作とは比べ物にならないぐらい好みだった。本作が面白かったから、その前の仮面病棟を・・・と思って読んでしまうと無駄にハードルが上がりすぎてがっかりするかもしれないので注意していただきたい。