小気味良いミステリが詰まった短編集 – そして名探偵は生まれた

読んだ。小気味の良い短編集で通勤のお供にはぴったりな一冊だった。

この本は4つの短編集で、どの短編も読み応えがあり非常に面白い。なんとなくこういうことなのかなという読者の予想をきっちりと裏切り予想外の結末へと持っていく手腕は素晴らしいと思う。

タイトルにもなっている「そして名探偵は生まれた」という話も短編の中の一つとなる。ざっというと小説に出てくるような名探偵と推理小説オタクの助手が旅行先で巻き込まれる殺人事件の話となり、これだけきくとよくある単純な話に聞こえる。コナンくんや金田一くんと旅先であったら遺書を書いておいたほうがいいと言われるほど名探偵+旅行=殺人事件という数式は成り立ちやすい。しかしこの作品がちょっと違うのはこの名探偵は非常にやる気がない。殺人事件が起きたと助手が言っても一向に解決しようと動かずに寝たままなのである。その理由は今まで自分が解決した難事件を本にしようとしたせいで事件の当事者から訴えられたせいで、事件を解決しても何もいいことがないと悟っているからだ。このなんとも微妙な名探偵と殺人事件を絡ませて読者の予想を裏切る結末を作り上げる手腕は素晴らしいと思う。

この作品だけでもこの本を買う価値があるとは思うが、他の作品も負けず劣らず素晴らしい。僕としては「宗教家が爆破テロを起こして島に逃げる」という話が好みだった。極限状態の人間模様のドロドロな中にも虎視眈々と色々考えている人間がいるというのがなんとも人間臭くて良いと思う。