高校生探偵物の正統派作品 – 体育館の殺人

「今読むならこの本」という帯に惹きつけられて読んだ。今読むならこの本じゃなくてもいいと思った。

あらすじをざっというと体育館で殺人事件が起きて高校生探偵が解決するというよくある話。高校生探偵は変わり者でとっつきにくいけど異常に頭が良い。1聞いただけで10を知って事件を解決していく様は金田一少年の事件簿を彷彿とさせる。なぜかよくわからない高校生に事件内容を教えていく刑事や、なぜか密室として認識される体育館など、高校生探偵物におけるツッコミどころを全て詰め込んでいて、良く言えばわかりやすく読みやすい、悪く言えば既視感のある作品だと思う。

僕も高校生の頃は金田一少年の事件簿のノベル版をワクワクして読んで、解決編の前に読むのをやめて自分でトリックを考えてから解決編を読んで、トリックの当たった外れたを楽しみながら読んでいた記憶があるが、トリックを考えるのもめんどくさくすぐに解決編を読んでしまったのは僕が年老いたからなのだろう。新しい気持ちで読むことが出来る人であればトリックのワクワクや、読み終わった後にそうだったのかと思わせるテクニックは金田一少年の事件簿よりも上だと個人的には思う。しかし、僕には「今」ではなく「昔」に読みたかったと思えたのが残念だ。