人は変化を嫌う

最近CMでLINEバイトを見ると嫌悪感を感じてしまう。最近のバイトはスタンプでやり取りしてチャット感覚で友達と話すようにやりとりをやっているところを想像すると時代は変わったなと思うしバイトとはいえ仕事なんだからちょっとはちゃんとやり取りしたほうがいいんじゃないかと思ってしまう。その一方で履歴書を手書きしか認めない起業に対しても嫌悪感を抱く。履歴書を手書きにしないと心がこもっていないとかいうが、読めればいいと思うし手描きよりもパソコンで書いたほうが綺麗で読みやすいしそんなことを言い出す会社は古臭いなと感じる。

これは僕が手書きからパソコンで履歴書を書いている時代に就職をしているからこう感じるだけであって、手書きで履歴書を書くのが当たり前だった時代の人間からすればパソコンで書くなんてと嫌悪感を感じ、電話やメールで面接の時間とかをオファーしていた人間からするとLINEでやり取りするなんてと嫌悪感を感じるのであろう。時代によってやり取りの方法は変わるし常識も変わるのに、昔の常識を持ち出してそんなことをやるのは失礼だと考えるのは変化を嫌っているだけなのかもしれない。

変化するということは新しいことを覚えないといけないということだし、新しい習慣を身につけなければいけないということだと思う。何かを身につけるということは年を取れば取るほど億劫になり、今までのルーチン化された動きが新たな習慣を身につける妨げになりやすい。もし、あなたが年上に何かを求めるのであれば古い常識に合わせて動けばその人はあなたに好意を持つし、年下の人であれば新しい常識に合わせて動けばその人は貴女に好意を持つ。相手を理解してその人が変化するのではなく、自分が人によって変化するとその人から受け入れられやすくなるのだろう。

しかしやり過ぎるとそれを八方美人となる。なにごとも加減が重要なのだろう。