リライトの続編達 – リヴィジョン / リアクト / リライブ


リライトを読んで、続きということで結末が気になって読んだ。結果としてごちゃごちゃしすぎて作者の自己満足感が強い印象を受けた。

続編たちはそれぞれ大雑把に書くとこんな感じになる

  • リビジョン:過去を見ることが出来る鏡を持っている女の人の話
  • リアクト:リライトを別目線で書いた話
  • リライブ:輪廻転生を繰り返す女の話

全てがリライトに絡んでいて、想像力を掻き立てられる話に仕上がっている風だが、なんとも気持ち悪い。最後の終わり方のブラックさと腑に落ちなさが非常にすごい。

この話達でなにがわかりにくさを冗長しているかというと、タイムパラドックスの定義だと思う。現実世界では起こりえないこの現象を頑張って説明しようとしているがいまいちわかりにくい。例えば「ボールを投げたら落ちてくる」とか、「包丁で刺されたら痛い」とか現実で起きうることであれば経験したことはなくてもなんとなく理解できる。しかし、タイムパラドックスは違う。なんとかくの想像で、過去で自分の親を殺すと自分が存在しなくなるという過去を改変すると未来と繋がるというのはなんとなく想像できるのだが、今作のパラドックスの設定である「未来で起こっていることは絶対に起こるので起こると確定しているものを阻止しようとすると何かが起きる」というのざっくりしすぎていてよくわからない。すぐに地震が起こるし、そもそも確定したというのはどういう状態を表しているのかがよくわからない。そこがふわっとしている状態で話を進めているので最終的にもやもやして終わってしまったが僕よりも理解力が高い人間が読めば全く別の印象を持つのかもしれない。

タイムパラドックスと言われるとバタフライ・エフェクトという言葉がよく効かれる。蝶が羽ばたいた空気だけでもパラドックスが起こると言われているのにこれだけ色々なことをやって、それを全て伏線として回収しようとするのは無理があるのではないだろうか。あとがきを読んだ感じではすべての話の原型がきっちりと決まっている状態で3作品を書いているわけではなさそうだ。その状態でここまでまとめた技術には感服するが頑張って読んだ割に読了後のすっきり感が少ないのが残念。もうちょっと短くてもいいのですっきりとする話が好きな僕にはちょっと重すぎる作品だった。