冷静で冷たい心を持ちながら惹きつけられる「優佳」という女性 – わたしたちが少女と呼ばれていた頃

読んだ。石持さんが描く優佳という女性の魅力を再認識させられた。

この本は「扉は閉ざされれたまま」で探偵役として登場した優佳が登場するシリーズの最新作である。今までは時間が少しづつ進んでいたのだが今作は高校生の優佳を描いた作品になる。優佳の少しの情報から全てを見透かす明晰な頭は高校生の頃でも光っており、今までの作品を読んでいるいないにかかわらず楽しめる作品だと思う。今までの作品は長編だったが本作は短編集になっているため隙間時間に読むことが出来るのもので「長い話はちょっと」と敬遠していた人も是非読んでみてほしい。

全てを見透かし、全てを手のひらの上で動かしてしまう優佳という女性は恐ろしくもありながら惹かれもする。まだ優佳シリーズを読んだことが無いのであれば本作品から読み出せば優佳という女性の魅力にとりつかれること請け合いの作品だと思う。