懐かしきスクールカーストよ – しろいろの街の、その骨の体温の

読んだ。ざっくりとどういう本かと説明すると「うだつのあがらないスクールカーストの低い女の子と、スクールカーストに気づかない鈍感男性の淡い青春を描いた作品」だと思う。

若い頃ほど自分の周りが世界の全てで周りの評価が自分のすべてであるように錯覚してしまう。小学生・中学生におけるスクールカーストは絶対的であり上から下に関わることはあっても下から上に関わることなんてほぼなかった。目立つグループを横目で見ながら波風をあまり立てないように過ごしていた小さいころの心の揺れを数倍にして書いたらこんな文章になるんだろうと思ってしまう。