伊坂節が非常に光る作品 – 残り全部バケーション

読んだ。久しぶりに伊坂節を感じるできた作品だと思う。

本作品はちょっと憎めない何でも屋の日常を記載した短編集なのだが小気味良くて読みやすい。やってることは当たり屋とか人さらいとか物騒なはずなのに、伊坂幸太郎という人間の手にかかればどんなに物騒な人でも憎めない人間味溢れる人に感じてしまうから不思議だ。

僕は伊坂幸太郎さんの作品が好きで文庫化されているものは大抵読んでいて バイバイ、ブラックバード (双葉文庫) が特に好きなのだけど、この作品が好きな人にはぜひ読んで欲しい。伊坂幸太郎らしい伏線の回収やテンポの良い文章といいらしさが詰まった作品だと思う。

最近の伊坂幸太郎さんの長編が間延び感を感じてしまって敬遠していたわけだけど、本作を読んで短編の切れ味の鋭さは健在でやはりこの人が書く作品は面白いと再認識できてよかった。作家は突き詰めていけばいくほど文章が鋭くなり、最終的には星新一のようなショートショートに行き着くのかもしれない。