人が死なないミステリー – カササギたちの四季

読んだ。ミステリーといえば人が死んだり、攫われたり、監禁されたりするみたいな物騒な話が多いが本作品はそんなことはない。人が死なないミステリーとは上手く言ったなと思える。登場人物の憎めない、人間臭い描画が非常に良く、道尾秀介さんらしい綺麗なオチの付け方も素晴らしいと思う。

人が死なないミステリーといえば、氷菓 (角川文庫)が有名だけど、最後の最後に道尾秀介さんらしいひねりが加わっているので僕としてはこっちのほうが好きだ。