肩の力を向いて読みたいミステリー – 仮面病棟

ざっくり言うと「強盗犯が病室に立てこもって患者と医者を監禁する」という話なのだが、話が進むにつれて少しづつ暴かれていく犯人の目的の描写が秀逸。

なぜこの強盗を犯したのか?なぜこの病院に来たのか?なぜ女性を銃で撃ったのか?

伏線の貼り方がわかりやすく肩の力を抜いて軽く読む本としては非常に面白い本だと思う。しかし、帯の煽り文句が煽りすぎていて期待が高すぎたせいか、読みながら予想した落ちを上回ってはくれなかった。驚愕といえるほどではないが何も考えずに読めば面白いのではなかろうか。