小学生の頃の葛藤と成長を思い出した一冊 – 漁港の肉子ちゃん

西かなこさんが出演していたラジオを聞いてこの人が書く物語はどういうものだろうとずっと気になっていた本。やっと読み終わることができた。この本は「お人好しの肉子ちゃんと子供の1年間の生活」を描いた作品なのだが、出てくる登場人物の描き方が非常に面白い。中村航さんの本を最初に読んだ時も思ったのだが、この人達が描き出す話というのは一見なんのへんてつも無い日常も素晴らしい話へと変わっていく。

小学生の時の自分は小さな町を世界の全てで、小学校にいる人間、しいて言えばクラスの人間が全人類と等価だった。小学校で嫌われないように振る舞い、ここで嫌われたら世界の人類全てに嫌われていると錯覚してしまいそうなほど小学生のときの小学校というのは日常の全てだった。その記憶を掘り起こしながら大人になったら大したことじゃないことで悩み苦しみ生きていたあの頃にちょっとだけ鑑賞に浸ることができた。

この作品を小学生の時に読んでもわからないだろう。ちょっと成長して自分の世界が広がった後に昔を思いながら読むと懐かしく温かい気持ちになれるんじゃなかろうか。自分の子供が小学生になった時にもう一度読みなおしてみたいものだ。