android開発者がiPhoneアプリを開発するまでのメモ3

前回

storyboardを分割したい

    UIStoryboard *subviewStoryboard = [UIStoryboard storyboardWithName:@"SubView" bundle:nil];
    SubViewController *subviewController = [subviewStoryboard instantiateInitialViewController];
    [self.navigationController pushViewController:subviewController animated:YES];

グループの作成

  • Android Studioと違ってフォルダ構造をそのままxcodeのtreeで表示してくれるわけではない
  • Xcode内で表示順番を個別で持っているよう
  • 右クリックの[New Group]でフォルダ構造を作ることができる
  • あくまでXcodeの表示上の話なので、実フォルダが作成されるわけではない
  • 実ファイルはごちゃっとあるのでこれってどうなの?って思うけどそんなもんだろう。

libraryを管理したい

sudo gem install cocoapods
pod setup

// podfileの作成...

pod install

// podfileの編集...

pod update

category機能

データの永続化

  • androidで言うところのSharedPrefarence
  • UserDefaultsを使えば同じようなことができそう

他言語化

  • values-jaみたいなフォルダを作って・・・って流れではない
  • ローカライズが必要な文字列を表示する場所はNSLocalizedStringを使って作っておく
  • Localizable.stringをコマンドから作成
  • Localizable.stringの中身をいい感じに修正
  • コマンドラインで使ってる部分をひっぱってこれるのは楽そう
  • 参考:A-Liaison BLOG: iPhoneアプリをローカライズ(国際化対応)してみた

まとめ

とりあえずこれぐらいわかってれば既存ソースを見ても何となく分かるんじゃなかろうか。javaとobjective-cの言語の違いは既存ソースがあればなんとなくやりたいことがわかるからいいけど、UI使って画面遷移とかそのへんは言語じゃなくて固有の動作すぎるので新たに勉強しないといけないのがちょっとめんどい。まだまだ色々ありそうなのでなにかあれば追記していくつもり。

  • リンク