パチンコから学ぶコンプガチャに変わる試作3つ

先に行っておくと、僕はカードゲームを作っている中の人でもなんでもない単なるパチンコ好きのカードゲーム嫌い。だからこれから書くことは、法律云々でやっちゃダメなことかもしれないし、既にやってることかもしれない。

ガチャを引く台を自分で決めれるようにする

台によってレアカードが出る確率が違うふうなことを記載して、自分で台が選べるようになると引く人も増えるんじゃないだろうか。自分で選んだ台だからレアカードが出なかったのは違う台を選ばなかったからじゃないのか?っと錯覚させることで次に別の台でガチャを引くっていう動作につながるかもしれない。

台の直近で出たカード履歴を出す

今まで出たカードの履歴を出すことによって、クズカードが続いたから今度はレアカードが出るんじゃないかと錯覚してガチャを回してしまう。俗に言われるギャンブラーの誤謬ってやつ。これに台選択の自由まで与えると、クズカードが出続けた台でやればレアカードが出るんじゃないの派とレアカードがいっぱい出てるほうがレアカードが出る確率がいいんじゃないのか派に分かれてガチャを引く人が増えそう。

確率変動を設ける

何分の1の確率で確率変動に入るようにする。確率変動中は今まで30分の1だったのが2分の1で引けるようになりますよみたいな触れ込みを書いておく。こうするとこれまで使ったものも確率変動一発でレアカードがじゃんじゃん出るんじゃないのか?と錯覚してクズカードを引きまくる人が出てくる。台選択の自由を出しておくと、レアカードが出てすぐだと、これは確率変動にいるんじゃないのか?と錯覚してガチャを回してしまう。

まとめ

ざっくりとすぐに思いつくものを書くと↑の3つぐらいだけど、これ以外にも「天井制度」とか「フリーガチャカード」とか色々浮かんでくる。ということは結局ガチャがあるカードゲームってパチンコと作りはあまり変わらないんじゃないのかなーっておもったりもする。僕個人としてはあまりカードゲームは好きではないので(*1)、これを気に単純なカードゲームは全部潰れてしまってみんなが楽しめるゲームがもっと流行ってくれるといいなぁと思う。

*1: クリックするだけで進むやつね。マジック・ザ・ギャザリング的なのは好き