スマホでゲームを作るなら今だと思う

「ゲームらしいゲームが作りたい?だったらユー、うちにきなよ」UEI/ARC「ふつうの...
さてそろそろ来期ですよ。 うちは三月決算だから、来週から来期が始まります。 ところでさー http://anond...
 はてなダイアリー 

ゲームらしいゲームを作るなら僕も今だと思う。しかもスマートフォンを使ってモバイルで本気で遊べるゲーム。なぜそう思うかというといくつか理由がある

普及しすぎたカードゲーム

カードゲームは普及しすぎたと思う。カードゲームやら釣りゲームやらは確かにやってみると面白いし、あの課金率の高さはすごく魅力的だと思う。だけど、何故課金をするのか?って言うのを突き詰めていくと誰かより優位である状況ができるからなんじゃないかと思っている。優位である状況っていうのは相対的な評価だから人が集まらないと誰かより優位だという状況を作ることは難しい。カードゲームの母数が増えれば増えるほど人は分散していくから、何かしらのはまり要素っていうものを作らないと人が集まらなくなるんだろうけど、クリックするだけの単純なゲームだとはまり要素を作るのも難しい。はまり要素を作るためにはもうちょっと複雑なゲームらしいゲームっていうものが必要だと思っていて、カードゲームに飽きてきた人間たちがもうちょっと複雑なはまり要素があるゲームに群がりやすい時期なんじゃないかと思っている。嘘か真かしらないけどGREEに調査が入るだの入らないだの言われてるみたいだし、そろそろカードゲームをはやらせるのは無理なんじゃないかと思われる。今ならファミコン時代みたいなしょぼいゲームであっても空き時間で楽しむゲームとかではなくてしっかり楽しめるゲームを作れば普及する確率は高いんじゃないかと思っている。

インフラが整備されてきている

各社が4Gに対応してきたことでこの1年で通信速度が飛躍的に上がると思う。WebSocketが各種ブラウザに実装されだしてきたことでインフラが揃えばほぼリアルタイムの通信っていうのがスマホでもできるようになる。そうなれば、距離の壁を抜けてリアルタイムで同時対戦ってのが普通に実装できる時代がもうそこまで来ている。スマホのブラウザでは動きのカクカク感がひどいんだけど、それも来年にはハード性能が上がることによってほぼ無くなるだろうと予想している。1年前ぐらいからスマホが流行りだしてるから来年には2年縛りが切れて買い換える人も増大することだろう。ハードの性能が上がった携帯が普及すればファミコン程度の動きはHTMLでも全然動かせることになるんじゃなかろうか(*1)。

グラフィックをそこまでこらなくてもいい

体感的にスマホのグラフィックはしょぼくて当たり前だと思ってくれる風潮がある。今であればグラフィックにお金をそこまでかけなくてもゲーム性のみで流行るゲームを作れる可能性は高い。家庭用ゲーム機ではグラフィックがすごいのが当たり前になってしまっているからグラフィックにお金をかけなければヒット作を作るのがむずかしいっていう風潮ができていると思う。FFにしても新作でなにが評判になるかって言うとあのグラフィックがすごいって言うばっかり。そこにお金をかけないと売れないんだから業界的にしょうが無いんだろうけど、今のスマホユーザがもっているグラフィックに対する敷居の低さを利用しない手はない。

まとめ

今のスマホゲームだとちゃんとしたゲームを作成したにしても家庭用ゲーム機に比べればグラフィックにかけるお金が格段に低くてすむ。グラフィックにこらずにゲームを作ることが出来る時代は今しかないと思う。一旦流行ってしまえば続編続編で食えるのがゲーム業界の強みでもあると思うし、お金をかけずにバンバンゲームを出すことが出来るのはグラフィックにこらなくても大丈夫な今だけだと思う。終わらないゲームを作るんではなくて自作が楽しみになるゲームをそろそろ創りだしていい時期なんじゃないかと僕は思っている。

*1: まぁ今でもできるはできるけど敷居が高い感がある