クリックゲームがもたらす影響

僕は小さい頃にゲームゲームばっかりやっていたゲーマーんだけど、僕が小さかった頃に今みたいなClickするだけのゲームしかなかったと考えると僕はゲームをやってたんだろうか?今出ているようなClickだけしていればいずれ強くなっていずれゲームをクリアできるっていうゲームに対して僕は小さい頃だと楽しさを感じることができたんだろうか?

僕が小さい頃にやっていたゲームは今の携帯ゲームに比べて数倍難しくて面白かった。マリオにしろドラクエにしろFFにしろそれぞれに固有の面白さがあった。マリオは今の釣りやらジャンプする奴やらの数倍難しいタイミングゲームだし、ドラクエ・FFは今のClickゲームを数倍難しくしたRPGだと思う。それを小さい頃にやって自分なりに考えてすこしずつ進んでいくことに喜びを感じていたし面白さを感じていた。そんな僕だからなのか今のClickだけで進んでいけるゲームに対してちっとも面白さを感じることができない。

じゃあ、もし僕が今幼少期を過ごしていたとしたら今のゲームをしなかったのかと言われると全く自信はない。今のゲームしかなかったのであれば、それはそれで楽しいって感じるんじゃないかとも思う。ビックリマンチョコについたシールを集めるのは面白かったし、カードダスで出てくるカードで単純なバトルをやるのも面白かった。あんな感じで今の子供達って携帯ゲームを楽しんでいたりするのかと妄想したりする。

僕は今のゲームたちが好きではない。クリックするだけで進んでいって射幸性を高めることで継続させる。純粋にゲームが面白いって所で勝負するんではなくて、やらないと損するとか他のユーザと絡ませることでゲームをせざるえない状況をユーザに与えることで継続させるゲームが多くてげんなりする。継続させる仕組みを考えて、継続させることができたら今度は課金させる仕組みを考える。それを面白いってユーザは感じることができるんだろうか?(*1)まぁ、もともとゲームを遊ぶのが無料っていう時点でどこかで課金してもらわないといけないのはしょうがなくて、無料でやれるって状況に感謝しないといけないんだけど、どうしてもその流れが好きになれない。レバーを引くとある一定間隔で餌がでる仕組みを猿に与えると猿はずっとレバーを引き続けるらしい。それと今の携帯ゲームが同じ気がしてならない。

小さい頃にゲームをやり過ぎると馬鹿になるって言われて僕は育ってきた。でもその話は実は結論は出ていなくて、本当かどうかわからないみたい。単調な行動をし過ぎると馬鹿になるってのは証明されているらしいけど、昔のゲームは今のゲームに比べて頭をつかう奴が多かったから結論がまだ出てないのかなーと思う。でも今のゲームは違う。30年後に調査をしたらゲームをしたら馬鹿になるって証明されてるかもしれない。

そろそろカードゲームバブルも終わるんだろうけど、その先の各社が作るゲームが気になる。今と同じような仕組みを使ってモチーフだけ変えて全く別のゲームができましたよーっていって大々的に出してくるのか、それともこれじゃいかんっていって本腰入れて面白いから続けるゲームを作ってくるのか。それによって30年後のゲームの評価とか今の子供たちの学力が決まってくるのかもしれない(*2)。

*1: 僕がやったことがあるゲームがそんなのしか無くて他に面白いものがあるのかもしれない

*2: って書いてみたけど、携帯ゲームをやってる人間の大半は子供じゃなくて大人なんじゃね?と思って調べてみたけど資料が出てこない