当たり前のレベル

人間にはその人の当たり前のレベルがあると思う。この当たり前のレベルが高ければ高いほど人間って素晴らしく生きていけるんだと思う。

例えばデブとガリがいたとする。デブは常々っ痩せたいと思っていてガリは常々太りたいと思っていたとする。この二人の食生活とか運動量とかを比べると明らかな違いがあったとしても二人から見れbそれが当たり前なのかもしれない。要はどこが基準となって当たり前っていうのを考えるかっていつお当たり前ってのはその日それぞれにそれぞれの高さで定義荒れているものだと思う

人間として高みを目指したければ当たり前のレベルを上げればいい。

運動することが当たり前になれば運動することは苦にならなくなるし、勉強することが当たり前になれば勉強することが苦にならなくなる。当たり前のレベルを上げることで勝手にその人の能力が上がるっていう話だ。

逆に言えば当たり前のレベルっていうのを考えればいろいろ幸せになれる、

何かのコンプレックスで悩んでいるんでればコンプレックスを当たり前だと思えばいい。別にコンプレックスはあって当然なんだ、それは当たり前なんだと思い込んでしまえばいい。当たり前のレベルが下がれば人は幸せを感じることが多くなるんじゃないかと思う。自己のレベルを上げたいのであれば当たり前のレベルを上げて、シア合わせになりたければ当たり前のレベルを下げればいい。相対的な評価を考えていろいろ思い悩むぐらいなら全てを捨てて当たり前だと思えばいい。

ちょっと考え方を変えるだけで人間はすぐに楽になれる。