荒廃した世界で果てなき旅を – Fallout 4

クリアした。色々出来るけど出来ることが多すぎて何をしていいかわからなかった。

本作はオープンワールド好きなら一度は聞いたことがある作品だと思う。「核爆弾が落とされ荒廃した世界をさらわれた息子を探す」というのがざっくりとしたあらすじになるけれどあらすじはあってないようなものでなんでもできる。街を自分好みに作り変えたり、荒野にはびこっている敵を殲滅したり、放射能で異常に成長した動物を狩りまくってもいい。本当になんでも出来る。裏を返せば何をしていいかわからない。いく場所は決まっているけど行かなければならない時間も手段も決まっていないようなもので、どれだけ道草をしてもいいし、どんなルートを通ってもいい。もちろんこう進めばいいという作者の意図はあるんだろうけど、僕がそれにのって移動したのかは全然わからない。自由度が高いだけに難しい。なので、もし僕がもう一度この作品をやるんだとしたらしっておいたほうがよかったなとおもうことを書いておこうと思う。

まず最初に僕がハマったのはレベル上げだ。このゲームには基礎能力と特殊能力が存在する。特殊能力は基礎能力がある程度上がっていないと覚えることができないのだけれど、僕はこの「ある程度」を勘違いしていた。

これがレベル上げをするときの画面になる。一段目が基礎能力で2段目以降が特殊能力で、基礎能力を上げる毎に特殊能力が下に進んでいくことが出来る。つまりLV3の基礎能力があれば、4段目の特殊能力まで覚えることが出来るわけだ。しかし僕はこのUIを見てその段を最大まで上げることで次に進めるのだと勘違いしてしまっていた。一つの基礎能力を最大まで上げてようやく次かと2段目をあげようとした時に違和感に気づき、それから特殊能力をあげだしたわけだけどこれがかなりのロスになる。最初から特殊能力を上げていればもっと楽に進むことができたと思うので気をつけてほしい。大抵の人は最初から気づくとは思うが。。。

次にこのゲームは弾が足りなくなる。銃によって弾の種類が色々あるのだけれど、弱い銃の弾はいっぱい手に入るけど強い銃の弾はすぐに無くなる。建物に落ちてるやつとか敵を倒して追い剥ぎしたりとか色々な場所に弾は落ちているけれどすぐに足りなくなる。これをどうやって解決するかというと非常に簡単で色んな人から弾を買えばいい。落ちてるものを買うのが癪に障る僕は途中まで弾を買わずに進んでいたのだけどすぐに足りなくなってしまう。そうなると普段使っている強い銃ではなく弾がある弱い銃を使って進まざるえなくなり非常に効率が悪い。なのでいろんなところで売っている弾は買ったほうがいい。後、ヘアピンはあって困ることは無いから安いしあるだけ買っていいと思う。

そしていざ弾を買おうと思った時に困るのが金が無いということだ。金策としてよく言われるのが「水を売る」というものだけど、こんなことしなくても敵が落とした防具やら武器やらをもって返って売ることが出来れば十分に足りる。そう、もって変えることが出来れば、十分に足りるのだ。このゲームには重量の概念があり、無制限煮物を持つことができない。物を持ちすぎるとファストトラベルもできなくなるし走ることもできなくなる。そして、高く売れる武器や防具は重い。必然的にもって帰ることが出来る武器防具は限られてくるためお金が足りなくなる。もって帰れるものを多くするために持っていくものを少なくすると今度は弾が足りなくなる。こっちを立てればあっちがたたず。どっちも取れない辛さを味わうことになるので「水商売」を演る人が多いのだろう。

しかしだ。劇的に持てる荷物を増やす方法がある。それは、仲間に荷物を持ってもらうことだ。仲間には物を渡すことが出来るのでそれを利用して不必要で高く売れそうなものを仲間に持たせて街に行ったらもたせた荷物を戻してもらって売っぱらえば良いのだ。これで持てる荷物の量は2倍になる。僕はクリアした後に他の人のプレイ動画を見ることでしったのだけれど、これを知っているか知らないかではぜんぜん違うんじゃないかと思う。

本作品はちょっとした本編と膨大なサイドストーリーと広大な箱庭でやりたいことをやるゲームだ。家を立てて自分の陣地を襲ってきた敵を排除して、強い武器を求めて世界を彷徨いながら新たな発見をしていくんだと思う。GTAとかウィッチャーが好きな人ならきっと好きなのだろう。僕はもうちょっとコンパクトで枷があるゲームのほうが好きなようだけれどそれでも途中までは熱中してできたので面白いのではなかろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=2r9xXdI676M&list=PLtWZQH-E_-OY5MnXiJJe56NmE6lIZP_O1

ツチヤタカユキはきっとやってる – 笑いのカイブツ

読んだ。圧倒的な熱量と圧倒的な絶望が記されていた。

僕は5年ぐらい「オードリーのオールナイトニッポン」を聞いているリトルトゥースなのだけど、この番組を聞いている人なら知っているであろう「ツチヤタカユキ」が本を出したと聞いたら読まずにはいられないだろう。あの、ツチヤタカユキが本を書いているのだ。若林さんが話している内容しかしらないが、一日にボケを2000個ひらめき、隣を歩いているだけで注意をされ、渋谷駅の岡本太郎の絵を一日中見ていたという変人。これが僕のツチヤタカユキのイメージだったがこの本を読んでもその印象は変わらなかった。変わらないというより、僕が持っていた印象を更に凝縮して凝縮して凝縮したものがツチヤタカユキなのだと感じた。

この本に書いてあるのは圧倒的な絶望だ。お笑いに狂い、お笑いのためだけに自分の能力を特価させ、お笑いのためだけに仕事をしていた人間が、芸能界というお笑いのトップが集まるであろう場所で、人間関係不得意という理由で排除される絶望がただただ記されている。何かを極めるためには何かを擦れるしか無い。ツチヤタカユキはお笑いを極めるために人間関係を捨てたのだろうが、その捨てた人間関係のせいでことごとく失敗していき、能力で秀でれば勝てるであろうお笑いの世界でも捨てた人間関係で排除される。能力を上げるために捨てたもののせいで、上がった能力が評価されないというのは皮肉以外何者でもない。お笑い以外の全てをすてて脇目もふらず進んだせいで気づいたときには後戻りできず、不必要だと削ったものを使って自分よりも能力が低いであろう人間が評価されていくのを見ていくのは絶望以外ないのだろう。

この本に書いていることは誰しもが少なからず感じることだと思う。自分が得意だと思っていたことで自分は天才だと浮かれていたら、世の中に出ればそれは普通より少しだけ上なだけで普通の範囲を出ていないということが少しづつわかってくる。少しづつ少しづつ自分は普通だと認めざるえない状況になっていくのだけれど、それを認めるということは自分のアイデンティティーを否定するということと同義で、自分自信が否定されていくような感覚を覚えていく。普通の人間なら得意と思っていることは多数に分かれていて、一つが否定されたところで壊れはしない。しかしツチヤタカユキという男は全てをお笑いにかけていたのだ。そのお笑いというもので認められなければ、いろいろな理由をつけて自分の能力が低いわけではなく自分を評価しない世の中がおかしいと考えるのは至極当然のことなのだが、少しづつ「本当は世の中が認めないのがおかしいのではなく、自分の能力が足りないだけではないのか?」という疑問がわいてくるのだろう。それを押させつけて押さえつけていたものがはじけ飛んだ時がツチヤタカユキが絶望する時なのだと思う。

ただ、この本で度々出てくるわけだが、ツチヤタカユキは自殺する時はお笑いの教科書を作って死んでいくと言っている。お笑いの教科書的なものをブログでもなんでもいいから公表してからお笑いをやめると書いているのだ。僕の耳にはまだツチヤタカユキがブログを書いたとか、お笑いの教科書を書いたとかいう話は届いていない。ということはまだツチヤタカユキは絶望していないにも関わらずこの本を書いたということになるわけだ。そんなツチヤタカユキに僕はこう言いたい。

ツチヤタカユキ、お前やってんな!

天才的な凡人が紡ぐ恋の話 – ハニービターハニー

読んだ。文章が上手だなと思った。

僕は「朝井リョウと加藤千恵のオールナイトニッポン」で加藤千恵という人を知って、それから「真夜中のニャーゴ」をちょいちょいみるようになったぐらいの加藤千恵好きなんだけれど、今までずっとこの人が書いた本を呼んだことはなかった。「真夜中のニャーゴ」では知り合いの作家さんが出てきておすすめの本を紹介したりとかするような番組でこの番組に出てくる人の本はたいてい読んだことがあったわけだけど、なぜか加藤千恵の本だけは読んだことがなかった。一番大きな理由に表紙が少女漫画のようで、あらすじも少女漫画のようだからあまり好みではないのだろうというのがあるんだけれど、もう一つの理由として加藤千恵は普通だっていうのがある。作家さんは変わった人が多くて色々な人の話を聞いていると価値観が非常に変わっているので、この人が紡ぎ出す話はどんなものだろうと作家から興味がわいて読んだ本は結構ある。しかし、加藤千恵は良くも悪くも普通だと思う。なんというかバランス感覚が非常に高くて誰がどうしたら怒るとか、そういう観察眼は非常に優れているのだけれど、そこから独自の価値観を生み出すというわけではなく普通なのだ。バランスが崩れた人たちの中にいるにも関わらずバランスを取り続けているのはすごいわけだけれど、そこから出てくるものは標準の域を出ず、わかりやすくすっきりと入ってくる文章を書くんだろうと思うとなかなか手が出なかったというのがある。

そしていい加減読もうとこの本を手にとって見たわけだけれど読んだあとも印象は変わらなかった。非常にきれいな文章で非常にうまく描写をしていてうまいこと物語を紡いでいるけれども標準の枠を出ないというつらさ。この本は「ハニービターハニー」という名前どおり恋愛の甘さと苦さが同居する瞬間を描いている短編集だと思うんだけれど恋愛といえば苦さと甘さが同居するという標準的な考えと苦さと甘さの完璧なまでの混ぜ合わせ方。非常に標準で誰もが理解しやすく天才的なバランス感覚で書かれていて良く言えば理解しやすくすんなり読めるけれど悪くいうと面白みが少ないといういかにも加藤千恵っぽい本だなと思った。僕は熱量がある本が好きなのであまり好みではなかったが好きな人からは圧倒的に好かれる本なのではなかろうか。恋愛といえば甘さと苦さという普通を味わいたければおすすめできる一冊だと思う。

どこに面白みを感じればいいのかわからない – 人狼ゲーム クレイジーフォックス

見た。面白くないだろうなと思ってみて、本当に面白くなかった。

映画のあらすじは「現実世界で人狼ゲームをやる」っていうだけで非常にわかりやすい。どうもシリーズ物らしくて、これは三作目。村人の話、人狼の話、狐の話という感じで1作品毎に役割が変わっていてその役割の動きを描いているらしい。「目が覚めると知らない場所」「なぜか首輪されている」「外にはでれない」というよくある設定のオンパレードがB級映画好きとしては心躍ったわけだけど、人狼ゲームのくせに心理戦が全くない。人狼側と狐側の話しかなくて、霊媒師とか預言者とかの動きは皆無と言っていい。まじで空気。なんもない。一作目、二作目と続きとして見ていけば同じような流れだったから割愛されているという可能性はあるかもしれないけど、それにしても空気すぎる。2つの視点で殺し合ってるだけだし、オチもなんだよそれって言いたくなる感じだし首輪しまって死んでいく拙い演技を見るのが好きな人ぐらいしかターゲットになりえないんじゃなかろうか。

もしこの映画を見てみたいという物好きがいたら人狼というゲームを知らずにこの映画を見ると全くわからないまま終わりそうな気がする。まぁ、役割を知っていても面白くないという結果は変わらないと思うけど知らないよりもマシだとは思う。

名探偵赤ちゃんの誕生 – こんにちは刑事ちゃん

読んだ。期待値が高すぎたので、それを超えるほどではなかった。

この本のあらすじをざっくり書くと「殉職した刑事が部下の子供に生まれ変わって事件を解決する」という話になる。生まれ変わりの話で起こりうるであろう事件を全部突っ込んで話を作っているようでなかなか面白い。短編集なので読みやすく、きちんとすべての話に落ちがついているのが好印象。よくある話とよくある設定を詰め込んでいる割に、全部の話で面白いオチを付けているのは流石だなと感じた。しかし、前作の「神様の裏の顔」が面白すぎて、それを超える、もしくはそれとはるであろう面白さを求めて読んでしまったせいで少し物足りなさを感じてしまった。物足りなさを感じた上でも面白さを感じることができたので、何も知らずに読めば面白いのではなかろうかとは思う。

「だから?」という疑問が浮かぶ – オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

見た。なんかやおい文章を読んだ気分になった。

どういう話かというと高速道路を走っている男をただただ移しているだけという挑戦的な話だと思う。高速道路を走りながら様々な人と電話で話ながら、なぜ男は高速道路を走っているのかが最大の肝だと思うわけだけど、開始してすぐにわかる。色々なトラブルがおこって振り回されるのかと思ったけど案外普通のトラブルと案外普通の解決方法だから別に見せ場にもならない。せめてゆったりとした居心地が良い時間が流れてくれれば山がなくてオチがなくてもいい気分に慣れるわけだけどそんなわけでもない。ただただ、微妙な人間関係と微妙な問題を微妙な男が解決しようと頑張る姿を86分見せられるだけで終わったときの感想は「だから?」だった。

全編を通して高速道路を運転している男だけを移しているというのは挑戦的だし、映像で出てくるのも運転しているお事だけというのは攻めてるし興味を惹かれる。しかし、最大の見せ場はその設定だけだとしか思えず、見たければ見ればいいと思うけどあまりおすすめはしない。

繰り返される8分間 – ミッション:8ミニッツ

見た。期待値が高すぎたせいか、期待はずれだった。

ざっくりあらすじを書くと「爆弾が仕掛けられた列車が爆発する8分前を繰り返し体験して爆弾犯をさがす」という話になる。今流行のループものだけれど、違うのはコンピュータで擬似的に作り上げられた世界で別の人に入り込んで何度も8分間を行動するということだろう。僕はループものが好きで、「メメント」とか「バタフライエフェクト」とか「シュタインズ・ゲート」とか見てるわけだけど、その中で本作は面白くない部類に入ってしまった。ループもので面白いのは繰り返すことで少しづつわかっていく真相と、最後に回収される伏線だと思うんだけれど、今作ではその部分をあまり押していないように感じた。そこよりも人間関係とか未来に対する希望とかそういった点を訴えているように感じる。だからと言ってはなんだが、ループものにしては珍しくきれいなハッピーエンドだと思うし、未来に対する余韻が終わった後にも流れているのも特徴的だと思う。

綺麗に騙されたいのであれば本作はあまりおすすめしないが、色々な評判をみていると本作が面白いと感じる人は多いのだろう。もし見ていないのであれば見てみるのもいいと思うが、僕は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の方をおすすめする

文章のテンポって大事だと思う – 彼女は存在しない

読んだ。ただひたすら長かった。

ざっくりあらすじを書くと、「2重人格の少女とカップルが出会って色々起こる話」になるんだけど、これが非常に長い。長い。それ以外感想が出ないぐらい長い。タイトルからなんとなくこんな話なんだろうなと想像して、2重人格と出てきて非常に納得して物語が加速するのかと見せかけずっとアイドリングで進んでいるような印象を受ける。そのくせ唐突に人が死んだりするので「そこはもうちょっとスピード落とせよ!」と言いたくなる。オチがどうなるのか気になって最後まで読み進めたわけだけど、読み終わった感想も「非常に長い」と言うものだった。僕の好みとはだいぶ違ったので同じ感性の人にはあまりおすすめできないかなと思う。

ラピュタの世界を大鷲と駆け回る – 人喰いの大鷲トリコ

クリアした。綺麗な映像に度肝を抜かれた。

本作はICOやワンダと巨像を作ったのと同じ人が作ったとかで非常に話題になっていたのだけれど、僕はその2作をやっていない。よくできたゲームだという噂は聞いていたわけだけれど、そのころは全然ゲームをしていなかったのでやっていない。なので、本作が初めて触れた作品になるわけだけど、確かに話題になるだろうと思えるだけの作り込みだったと思う。

ざっくりあらすじを書くと目が覚めると大鷲さんと一緒にどこかに閉じ込められていた少年が大鷲と一緒に閉じ込められていた場所から脱出するという流れになる。非常に単純明快だし、動かし方とかのチュートリアルはその都度出てくるのでだれでも楽しく遊べるゲームなんじゃななかろうかと思う。閉じ込められた場所はなんとなく天空の城ラピュタを思い出させる空間で、ラピュタの空間を楽しく動けるだけでこのゲームをやるだけの意味もあると思う。

ただ、画像が綺麗すぎて高いところがめちゃくちゃ怖い。僕は高所恐怖症では無いと思うんだけど、それでも怖い。高いところから落ちて即ゲームオーバということはないので問題ないわけだけど、落ちた瞬間に玉が縮み上がる感覚があるぐらいリアルで怖い。この恐怖が克服できない人はやらないほうがいいと思う。

後、このゲームで何回か詰まったわけだけど、その殆どが大鷲のトリコさんがうまいこと動いてくれないことにある。お前ここ飛べるだろ!っていうところでも飛んでくれなくてぐるぐると行けるところを探した後にやっぱりここだろってところでトリコさんに指示を出して待っている最初に飛んでくれなかったところを飛んでくれるとか多々ある。このゲームの一番の難しさはトリコとこころを通わすところだし、一番歯がゆいのもトリコが思い通りに動かないところだと思う。ゲーム好きの人が先に進めずに詰まったなら大抵あなたの感が当たっていると思うので根気よくトリコに指示を出したほうがいい。まぁ、実際の別の生き物と移動するとこのゲーム以上に指示通りに動かすことは難しいんだろうからリアルと言えばリアルなわけだが。

https://www.youtube.com/watch?v=x4E2BLci3vw&list=PLtWZQH-E_-OZ4C4UrndGuzkKTzCAHmYR5

題名が絶妙に効いている – 神様の裏の顔

読んだ。帯に好きな作家がおすすめしてると書かれていたので読んだが、おすすめしたくなる気持ちがわかった。

この本のあらすじをざっくり書くと、素晴らしい先生の葬式に出席した人が先生の思い出を一人称で語っていく話となる。あの先生にこんなことをしてもらったから俺(私)は助かったという回想が多く、「神様の裏の顔」という題名と神様のように素晴らしい故人との回想というバレバレすぎる伏線からの立て続けに暴かれる裏の顔が非常にテンポが良い。大体こんな感じのオチなのだろうと想像しながら呼んでいたわけだが、だいたい想像通りのオチであるにもかかわらず非常に面白く読めるのは素晴らしいの一言に尽きる。みんなで「神様の裏の顔」について話し合っているシーンの人間模様の移り変わりは圧巻だと思う。

まだ1月なのでこれから色々な本をよむことになりそうだけど、今年はこれ以上に面白いと思える本には出会わないのかもしれない。そう思えるほどに面白く好みな本だった。あとがきを読むと元々この人はお笑い芸人らしい。ピースの又吉とか劇団ひとりとか芸人さんは本を書くのが上手い印象が強い。コントのネタは小説を書いているようなものだろうから、情景描写の技術さえあればコント芸人というのは作家に転校できるのかもしれない。