荒廃した世界で果てなき旅を – Fallout 4

クリアした。色々出来るけど出来ることが多すぎて何をしていいかわからなかった。

本作はオープンワールド好きなら一度は聞いたことがある作品だと思う。「核爆弾が落とされ荒廃した世界をさらわれた息子を探す」というのがざっくりとしたあらすじになるけれどあらすじはあってないようなものでなんでもできる。街を自分好みに作り変えたり、荒野にはびこっている敵を殲滅したり、放射能で異常に成長した動物を狩りまくってもいい。本当になんでも出来る。裏を返せば何をしていいかわからない。いく場所は決まっているけど行かなければならない時間も手段も決まっていないようなもので、どれだけ道草をしてもいいし、どんなルートを通ってもいい。もちろんこう進めばいいという作者の意図はあるんだろうけど、僕がそれにのって移動したのかは全然わからない。自由度が高いだけに難しい。なので、もし僕がもう一度この作品をやるんだとしたらしっておいたほうがよかったなとおもうことを書いておこうと思う。

まず最初に僕がハマったのはレベル上げだ。このゲームには基礎能力と特殊能力が存在する。特殊能力は基礎能力がある程度上がっていないと覚えることができないのだけれど、僕はこの「ある程度」を勘違いしていた。

これがレベル上げをするときの画面になる。一段目が基礎能力で2段目以降が特殊能力で、基礎能力を上げる毎に特殊能力が下に進んでいくことが出来る。つまりLV3の基礎能力があれば、4段目の特殊能力まで覚えることが出来るわけだ。しかし僕はこのUIを見てその段を最大まで上げることで次に進めるのだと勘違いしてしまっていた。一つの基礎能力を最大まで上げてようやく次かと2段目をあげようとした時に違和感に気づき、それから特殊能力をあげだしたわけだけどこれがかなりのロスになる。最初から特殊能力を上げていればもっと楽に進むことができたと思うので気をつけてほしい。大抵の人は最初から気づくとは思うが。。。

次にこのゲームは弾が足りなくなる。銃によって弾の種類が色々あるのだけれど、弱い銃の弾はいっぱい手に入るけど強い銃の弾はすぐに無くなる。建物に落ちてるやつとか敵を倒して追い剥ぎしたりとか色々な場所に弾は落ちているけれどすぐに足りなくなる。これをどうやって解決するかというと非常に簡単で色んな人から弾を買えばいい。落ちてるものを買うのが癪に障る僕は途中まで弾を買わずに進んでいたのだけどすぐに足りなくなってしまう。そうなると普段使っている強い銃ではなく弾がある弱い銃を使って進まざるえなくなり非常に効率が悪い。なのでいろんなところで売っている弾は買ったほうがいい。後、ヘアピンはあって困ることは無いから安いしあるだけ買っていいと思う。

そしていざ弾を買おうと思った時に困るのが金が無いということだ。金策としてよく言われるのが「水を売る」というものだけど、こんなことしなくても敵が落とした防具やら武器やらをもって返って売ることが出来れば十分に足りる。そう、もって変えることが出来れば、十分に足りるのだ。このゲームには重量の概念があり、無制限煮物を持つことができない。物を持ちすぎるとファストトラベルもできなくなるし走ることもできなくなる。そして、高く売れる武器や防具は重い。必然的にもって帰ることが出来る武器防具は限られてくるためお金が足りなくなる。もって帰れるものを多くするために持っていくものを少なくすると今度は弾が足りなくなる。こっちを立てればあっちがたたず。どっちも取れない辛さを味わうことになるので「水商売」を演る人が多いのだろう。

しかしだ。劇的に持てる荷物を増やす方法がある。それは、仲間に荷物を持ってもらうことだ。仲間には物を渡すことが出来るのでそれを利用して不必要で高く売れそうなものを仲間に持たせて街に行ったらもたせた荷物を戻してもらって売っぱらえば良いのだ。これで持てる荷物の量は2倍になる。僕はクリアした後に他の人のプレイ動画を見ることでしったのだけれど、これを知っているか知らないかではぜんぜん違うんじゃないかと思う。

本作品はちょっとした本編と膨大なサイドストーリーと広大な箱庭でやりたいことをやるゲームだ。家を立てて自分の陣地を襲ってきた敵を排除して、強い武器を求めて世界を彷徨いながら新たな発見をしていくんだと思う。GTAとかウィッチャーが好きな人ならきっと好きなのだろう。僕はもうちょっとコンパクトで枷があるゲームのほうが好きなようだけれどそれでも途中までは熱中してできたので面白いのではなかろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=2r9xXdI676M&list=PLtWZQH-E_-OY5MnXiJJe56NmE6lIZP_O1

ラピュタの世界を大鷲と駆け回る – 人喰いの大鷲トリコ

クリアした。綺麗な映像に度肝を抜かれた。

本作はICOやワンダと巨像を作ったのと同じ人が作ったとかで非常に話題になっていたのだけれど、僕はその2作をやっていない。よくできたゲームだという噂は聞いていたわけだけれど、そのころは全然ゲームをしていなかったのでやっていない。なので、本作が初めて触れた作品になるわけだけど、確かに話題になるだろうと思えるだけの作り込みだったと思う。

ざっくりあらすじを書くと目が覚めると大鷲さんと一緒にどこかに閉じ込められていた少年が大鷲と一緒に閉じ込められていた場所から脱出するという流れになる。非常に単純明快だし、動かし方とかのチュートリアルはその都度出てくるのでだれでも楽しく遊べるゲームなんじゃななかろうかと思う。閉じ込められた場所はなんとなく天空の城ラピュタを思い出させる空間で、ラピュタの空間を楽しく動けるだけでこのゲームをやるだけの意味もあると思う。

ただ、画像が綺麗すぎて高いところがめちゃくちゃ怖い。僕は高所恐怖症では無いと思うんだけど、それでも怖い。高いところから落ちて即ゲームオーバということはないので問題ないわけだけど、落ちた瞬間に玉が縮み上がる感覚があるぐらいリアルで怖い。この恐怖が克服できない人はやらないほうがいいと思う。

後、このゲームで何回か詰まったわけだけど、その殆どが大鷲のトリコさんがうまいこと動いてくれないことにある。お前ここ飛べるだろ!っていうところでも飛んでくれなくてぐるぐると行けるところを探した後にやっぱりここだろってところでトリコさんに指示を出して待っている最初に飛んでくれなかったところを飛んでくれるとか多々ある。このゲームの一番の難しさはトリコとこころを通わすところだし、一番歯がゆいのもトリコが思い通りに動かないところだと思う。ゲーム好きの人が先に進めずに詰まったなら大抵あなたの感が当たっていると思うので根気よくトリコに指示を出したほうがいい。まぁ、実際の別の生き物と移動するとこのゲーム以上に指示通りに動かすことは難しいんだろうからリアルと言えばリアルなわけだが。

https://www.youtube.com/watch?v=x4E2BLci3vw&list=PLtWZQH-E_-OZ4C4UrndGuzkKTzCAHmYR5