「君の膵臓を食べたい」が好きな人におすすめしたい – 屋上のテロリスト

読んだ。男性版少女漫画だなと思った。

ざっくりあらすじを書くと、女子高生テロリストの話になる。もし、日本がポツダム宣言を受理しなかったと仮定して、今の北朝鮮と韓国のように北日本と南日本に別れたパラレルワールドが舞台となり、あからさまに北と南の作りが朝鮮半島を意識させているなと感じた。やはり想像しやすいというのは物語を理解する上で重要なので、実際存在する対立関係を使って書いているのはすごく良いと思う。

この話を読むと「君の膵臓を食べたい」を思い出してしまう。あまり活発ではなく覇気がない男の子が、活発で自己中な女性に振り回される。しかし、女性は人気者で顔がよく少しづつ女性に轢かれていってしまうという少女漫画を真逆にしたような設定が非常に近い。男性が女性化しだしているとよく聞くが、それにともなって男性も自分が主人公の少女漫画を読みたいと考えるようになってきたのかもしれない。

結末がすごいという評判で読み出したこの本だが、べつに結末は普通だと思う。途中からこうなるだろうと予想したとおりに話が進んでいくので読んでいてストレスはない。読みやすい文章とわかりやすいシチュエーションと流行りの人間関係を上手く使っているこの本は読み手を選ばずに好まれるのではないかと思う。僕も結末での裏切りを期待して手に取った本ではあったが、期待を裏切られたにも関わらず面白く読めた。おすすめできる本だと思う。