挑戦的な文章構成で読み手を選びそう – 殺意の対談

読んだ。挑戦的な書き方だなと思った。

この本は短編集でインタビューされている人間の心の声を記載しながら、途中途中で回想が入っていくという挑戦的な文章構成になっている。僕はかろうじて受け入れることが出来たけれど、なかなかすっと頭に入ってきにくい構成なので読む人を選ぶ作品だと思う。「殺意の対談」というタイトルだけに、対談中に言葉ではニコニコと話しているくせに裏側では殺意を抱いている裏表の描写や、対談している人間の視点が切り替わったときの見え方が180度変わってしまうストーリー展開は非常にうまいと思う。さらにバラバラに見える対談が最終的に一つになっていく様は玄人好みしそうな話だとは思うが、作者のドヤ顔が文章に透けて見える感じを受けてしまって別にそこまでしなくてもいいんじゃないかなと思わなくもない。

この作者は「神様の裏の顔」という本を読んでから新作が出る度に手にとって読んでいるわけだけれど、今のところ2冊読んで「神様の裏の顔」を超える面白さを感じることはなかった。だからといってこの本が面白くないというわけではなく、「神様の裏の顔」という作品が僕の好みにあっていて、非常に面白かったと言うだけなので、この挑戦的な文章構成が受け入れることができるのであれば読むに値する本だと思う。体に合わなかったらやめるぐらいの軽い気持ちで、最初10ページぐらい立ち読みしてから買うことをおすすめしたい。