何故か釈然としなかった – ピエロがお前を嘲笑う

見た。絶対騙されるっていうのはそういうことじゃねーよって思った。

ざっくりあらすじを書くと、ハッカーに憧れる少年がハッカーになる話なんだけど職業柄細かいところがきになってあまり話が頭に入ってこなかった。闇インターネットっていうパワーワードが頭から離れないのは僕だけじゃないはず。ハッカーとしての類まれなる才能が開花して様とか、人間を見せるのは非常にうまいと思ったけど、あなたは絶対騙されるっていう言葉のせいでがっかりしてしまった。最後に落ちがあるんだろうと思ってみるのと、そうではなく見るのでは全然違うと思うんだけれど、絶対騙されるってこの騙し方はねーよって思ってしまう。なんていうか、最終的に全部夢でした!みたいなオチは卑怯だと思うんだけどそれと似たような物を感じる。上手くピースがハマっているかのようで僕は何故か釈然としなかった。

こうやって文章を書きながら思い返していみると僕には余り合わなかったと言うだけで面白いと思う人はいるのかもしれない。見たい人は見ればいいと思うけど、僕はあまりおすすめはしない。