複数の謎が見事に解けていく – がん消滅の罠 完全寛解の謎

読んだ。ガンというものを学ぶ上でも良いと思った。

ざっくりあらすじを言うと、「末期がん患者と診断されたことによりガン保険の払い出しを受けた人間が立て続けに完治(完全寛解)したことを不審に思った保険屋が、なにか不正があったのかを調査していく物語」となると思う。なぜ末期がん患者のガンは消滅したのか?もし有効な治療法を確立したのであればなぜその治療法を世間に発表しないのか?などの疑問が少しづつわかっていく過程は面白い。理系の考え方がとして、ありえないことが起こったのであれば、一つづつ前提から疑ってかかる必要があるというのはすごく納得できる。

なにか突飛な話なのかと思いきや、たしかに現実的に起こりうるのではないかと考え扠せられることがこの本の一番の怖さであり面白さではないのだろうか。何となくこうなるだろうと思っていた結末とは違ったのだが、してやられたと思うほどではなく現実に起こりうるラインなことに市松の恐怖を覚えてしまう。この本では複数の謎が少しづつわかっていく様になっており、最後の最後まで謎が残っていく。しかし、最後の謎解きが一番インパクトが低かったのがちょっと残念だった。それいる?って思わず思ってしまうほどだったのだが、他の人はどう思ったのだろう。気になるところではある。