どこに面白みを感じればいいのかわからない – 人狼ゲーム クレイジーフォックス

見た。面白くないだろうなと思ってみて、本当に面白くなかった。

映画のあらすじは「現実世界で人狼ゲームをやる」っていうだけで非常にわかりやすい。どうもシリーズ物らしくて、これは三作目。村人の話、人狼の話、狐の話という感じで1作品毎に役割が変わっていてその役割の動きを描いているらしい。「目が覚めると知らない場所」「なぜか首輪されている」「外にはでれない」というよくある設定のオンパレードがB級映画好きとしては心躍ったわけだけど、人狼ゲームのくせに心理戦が全くない。人狼側と狐側の話しかなくて、霊媒師とか預言者とかの動きは皆無と言っていい。まじで空気。なんもない。一作目、二作目と続きとして見ていけば同じような流れだったから割愛されているという可能性はあるかもしれないけど、それにしても空気すぎる。2つの視点で殺し合ってるだけだし、オチもなんだよそれって言いたくなる感じだし首輪しまって死んでいく拙い演技を見るのが好きな人ぐらいしかターゲットになりえないんじゃなかろうか。

もしこの映画を見てみたいという物好きがいたら人狼というゲームを知らずにこの映画を見ると全くわからないまま終わりそうな気がする。まぁ、役割を知っていても面白くないという結果は変わらないと思うけど知らないよりもマシだとは思う。