名探偵赤ちゃんの誕生 – こんにちは刑事ちゃん

読んだ。期待値が高すぎたので、それを超えるほどではなかった。

この本のあらすじをざっくり書くと「殉職した刑事が部下の子供に生まれ変わって事件を解決する」という話になる。生まれ変わりの話で起こりうるであろう事件を全部突っ込んで話を作っているようでなかなか面白い。短編集なので読みやすく、きちんとすべての話に落ちがついているのが好印象。よくある話とよくある設定を詰め込んでいる割に、全部の話で面白いオチを付けているのは流石だなと感じた。しかし、前作の「神様の裏の顔」が面白すぎて、それを超える、もしくはそれとはるであろう面白さを求めて読んでしまったせいで少し物足りなさを感じてしまった。物足りなさを感じた上でも面白さを感じることができたので、何も知らずに読めば面白いのではなかろうかとは思う。