繰り返される8分間 – ミッション:8ミニッツ

見た。期待値が高すぎたせいか、期待はずれだった。

ざっくりあらすじを書くと「爆弾が仕掛けられた列車が爆発する8分前を繰り返し体験して爆弾犯をさがす」という話になる。今流行のループものだけれど、違うのはコンピュータで擬似的に作り上げられた世界で別の人に入り込んで何度も8分間を行動するということだろう。僕はループものが好きで、「メメント」とか「バタフライエフェクト」とか「シュタインズ・ゲート」とか見てるわけだけど、その中で本作は面白くない部類に入ってしまった。ループもので面白いのは繰り返すことで少しづつわかっていく真相と、最後に回収される伏線だと思うんだけれど、今作ではその部分をあまり押していないように感じた。そこよりも人間関係とか未来に対する希望とかそういった点を訴えているように感じる。だからと言ってはなんだが、ループものにしては珍しくきれいなハッピーエンドだと思うし、未来に対する余韻が終わった後にも流れているのも特徴的だと思う。

綺麗に騙されたいのであれば本作はあまりおすすめしないが、色々な評判をみていると本作が面白いと感じる人は多いのだろう。もし見ていないのであれば見てみるのもいいと思うが、僕は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の方をおすすめする