砂に怖がらずに最後まで読んでほしい – 砂の女

読んだ。砂の描画が怖いし痛い。

ざっくりとあらすじを書くと「砂に埋れた集落に監禁された男の話」になる。とにかく砂が出てきて目を開けられないとか、汗で砂が湿ると体に張り付いて化膿するとか、つばが砂に座れて喉が渇くとか、うがいをしても砂が残るが喉の渇きに耐えきれずに砂ごと飲むとか、砂に関わる記述が生々しくて非常に怖い。閉じ込められる恐怖と砂による追い込まれ方とわけの分からない村人との会話といい僕だったら発狂してしまいそうな状況だ。

そんな恐怖に満ち溢れた物語だけれど、読了後はなんとも言えない気分になる。今いる自分の環境は砂に埋れた集落より良いのかもしれない。しかし、僕がいる環境よりもいい環境というのはいくらでもあるだろうし、その僕よりもいい環境に住んでいる人間からしてみれば僕はなんと恵まれない人間なのかと馬鹿にされるのかもしれない。結局人間は自分が与えられた環境でいかに幸せを感じながら生きていくかでしかなく、過去でもなく未来でもなく今を楽しむのが良いのだろう。

今いる環境をどうにかしようと未来に向けて生活するのもよいが、目指すべき未来にむかうよりも楽しく幸せな現実がすぐそこに転がっているのかもしれない。現在の状況というのは自分から見れば辟易するようなものかもしれないが、他人から見れば喉から手が出るほど欲しいものかもしれない。どんな環境であれ、直ぐそばにある幸せを感じることができるアンテナを張り巡らせる方が、生活水準を向上するためにもがくよりも豊かで楽しい人生を歩めるのかもしれないと思わされた。

読む音楽 – 蜜蜂と遠雷

読んだ。文章力に圧倒された。

ざっくりしたあらすじは音楽コンクールの人間模様になる。この本は本屋大賞と直木賞のダブル受賞というネームバリューとカードのポイントが余っていたので普段は買わない本を買おうという不順な動機が相まって買ったわけだけど、好みの話ではないが読んでよかったなと思うことが出来るぐらいの内容ではあった。音楽コンクールの話なので「音」についての記述が頻出するのだけど、音楽という物をここまで文字で表すことが出来るのかと驚愕した。読んでいて情景が浮かんでくるというのはよくあるが、「音」が聞こえてくる、しかも僕はクラシックなどほとんど聞いたことが無いにも関わらずクラシックの音楽が聞こえてきそうな文章というのは初めて読んだ。ここまで文章で表してしまったら、本屋大賞とか直木賞とかとるわなぁと思わず納得してしまう。

内容的には綺麗な話だなと思う。登場人物がほとんど天才だけれど、正統派の天才と突然変異型の天才の対決というのもなにかいい。悪く言えばありきたりの人間たちが出てくるわけだけど、すべての人が個性的で感情豊かですんなりと自分の中に入ってくる。努力型の凡人もちゃんとでており、こういう対決物としてよく浮かぶ人間のタイプはだいたい網羅されてる感がある。きれいな文章で綺麗な音楽を聞きたい人にはおすすめの本だと思う。

読了後に何を感じるのだろう – 豆の上で眠る

読んだ。映画に向いてそうな話だなと思った。

あらすじをざっくり書くと「姉を誘拐された妹が実家に帰省しながら誘拐されたことを思い出していく」話になると思う。湊かなえさんだけあって読み進めていけばいくほど続きが気になり引き込まれていく。最後にきっちりとオチがあるんだけれど、最終的に読者に投げかけてくる問いかけが非常に映画受けしそうなテーマで、映画化されることを前提として書いてたりするのかなと思ってしまった。

本の題名にも使われている「エンドウ豆の上に寝たお姫さま」というのは実在する童話のようだが僕は読んだことはない。豆の上に轢かれた布団の上で寝たときに、違和感を感じることができれば普段いいところで寝ているのでお姫様だとわかるというような話のようだが、この違和感がテーマの話を主題としてもってきているのも読み終わるとなるほどと思ってしまう。非常に面白いとまでは言い難いが、最終的に読者に問を投げかけるという終わり方が良くて家族関係に疲れた時に読むと良い一冊なのかもしれない。