天才的な凡人が紡ぐ恋の話 – ハニービターハニー

読んだ。文章が上手だなと思った。

僕は「朝井リョウと加藤千恵のオールナイトニッポン」で加藤千恵という人を知って、それから「真夜中のニャーゴ」をちょいちょいみるようになったぐらいの加藤千恵好きなんだけれど、今までずっとこの人が書いた本を呼んだことはなかった。「真夜中のニャーゴ」では知り合いの作家さんが出てきておすすめの本を紹介したりとかするような番組でこの番組に出てくる人の本はたいてい読んだことがあったわけだけど、なぜか加藤千恵の本だけは読んだことがなかった。一番大きな理由に表紙が少女漫画のようで、あらすじも少女漫画のようだからあまり好みではないのだろうというのがあるんだけれど、もう一つの理由として加藤千恵は普通だっていうのがある。作家さんは変わった人が多くて色々な人の話を聞いていると価値観が非常に変わっているので、この人が紡ぎ出す話はどんなものだろうと作家から興味がわいて読んだ本は結構ある。しかし、加藤千恵は良くも悪くも普通だと思う。なんというかバランス感覚が非常に高くて誰がどうしたら怒るとか、そういう観察眼は非常に優れているのだけれど、そこから独自の価値観を生み出すというわけではなく普通なのだ。バランスが崩れた人たちの中にいるにも関わらずバランスを取り続けているのはすごいわけだけれど、そこから出てくるものは標準の域を出ず、わかりやすくすっきりと入ってくる文章を書くんだろうと思うとなかなか手が出なかったというのがある。

そしていい加減読もうとこの本を手にとって見たわけだけれど読んだあとも印象は変わらなかった。非常にきれいな文章で非常にうまく描写をしていてうまいこと物語を紡いでいるけれども標準の枠を出ないというつらさ。この本は「ハニービターハニー」という名前どおり恋愛の甘さと苦さが同居する瞬間を描いている短編集だと思うんだけれど恋愛といえば苦さと甘さが同居するという標準的な考えと苦さと甘さの完璧なまでの混ぜ合わせ方。非常に標準で誰もが理解しやすく天才的なバランス感覚で書かれていて良く言えば理解しやすくすんなり読めるけれど悪くいうと面白みが少ないといういかにも加藤千恵っぽい本だなと思った。僕は熱量がある本が好きなのであまり好みではなかったが好きな人からは圧倒的に好かれる本なのではなかろうか。恋愛といえば甘さと苦さという普通を味わいたければおすすめできる一冊だと思う。

どこに面白みを感じればいいのかわからない – 人狼ゲーム クレイジーフォックス

見た。面白くないだろうなと思ってみて、本当に面白くなかった。

映画のあらすじは「現実世界で人狼ゲームをやる」っていうだけで非常にわかりやすい。どうもシリーズ物らしくて、これは三作目。村人の話、人狼の話、狐の話という感じで1作品毎に役割が変わっていてその役割の動きを描いているらしい。「目が覚めると知らない場所」「なぜか首輪されている」「外にはでれない」というよくある設定のオンパレードがB級映画好きとしては心躍ったわけだけど、人狼ゲームのくせに心理戦が全くない。人狼側と狐側の話しかなくて、霊媒師とか預言者とかの動きは皆無と言っていい。まじで空気。なんもない。一作目、二作目と続きとして見ていけば同じような流れだったから割愛されているという可能性はあるかもしれないけど、それにしても空気すぎる。2つの視点で殺し合ってるだけだし、オチもなんだよそれって言いたくなる感じだし首輪しまって死んでいく拙い演技を見るのが好きな人ぐらいしかターゲットになりえないんじゃなかろうか。

もしこの映画を見てみたいという物好きがいたら人狼というゲームを知らずにこの映画を見ると全くわからないまま終わりそうな気がする。まぁ、役割を知っていても面白くないという結果は変わらないと思うけど知らないよりもマシだとは思う。

名探偵赤ちゃんの誕生 – こんにちは刑事ちゃん

読んだ。期待値が高すぎたので、それを超えるほどではなかった。

この本のあらすじをざっくり書くと「殉職した刑事が部下の子供に生まれ変わって事件を解決する」という話になる。生まれ変わりの話で起こりうるであろう事件を全部突っ込んで話を作っているようでなかなか面白い。短編集なので読みやすく、きちんとすべての話に落ちがついているのが好印象。よくある話とよくある設定を詰め込んでいる割に、全部の話で面白いオチを付けているのは流石だなと感じた。しかし、前作の「神様の裏の顔」が面白すぎて、それを超える、もしくはそれとはるであろう面白さを求めて読んでしまったせいで少し物足りなさを感じてしまった。物足りなさを感じた上でも面白さを感じることができたので、何も知らずに読めば面白いのではなかろうかとは思う。

「だから?」という疑問が浮かぶ – オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

見た。なんかやおい文章を読んだ気分になった。

どういう話かというと高速道路を走っている男をただただ移しているだけという挑戦的な話だと思う。高速道路を走りながら様々な人と電話で話ながら、なぜ男は高速道路を走っているのかが最大の肝だと思うわけだけど、開始してすぐにわかる。色々なトラブルがおこって振り回されるのかと思ったけど案外普通のトラブルと案外普通の解決方法だから別に見せ場にもならない。せめてゆったりとした居心地が良い時間が流れてくれれば山がなくてオチがなくてもいい気分に慣れるわけだけどそんなわけでもない。ただただ、微妙な人間関係と微妙な問題を微妙な男が解決しようと頑張る姿を86分見せられるだけで終わったときの感想は「だから?」だった。

全編を通して高速道路を運転している男だけを移しているというのは挑戦的だし、映像で出てくるのも運転しているお事だけというのは攻めてるし興味を惹かれる。しかし、最大の見せ場はその設定だけだとしか思えず、見たければ見ればいいと思うけどあまりおすすめはしない。