ITの業界で働きだして15年ぐらいたちました

昨日の誕生日で35歳を迎えました。せっかくの誕生日を風邪を引いてしまうという悲しいスタートを切ったわけですが、会社もお休みを頂いてせっかく時間もあることですし日記でも書こうと思います。

35歳というとIT業界では「35歳定年説」がまことしやかにささやかれていて、働き出した頃には戦々恐々としていましたが、いざ35歳になってみるとコードが書けなくなったわけでもないし、頭が回らなくなった気もせずまだまだコードを書いて生きていける気がしています。「35歳定年説」はSier業界で35歳になったら上流設計をして手を動かすのは若いものに任せないとお金を稼げないから言われていた話であって、最近のIT業界の記事とかを見ていると僕よりも年上でも現役バリバリのプログラマーもいっぱいいますし、会社も35歳以上はマネージャじゃないと給料が上る道がないという感じではなく他の道も示してくれている会社が多くなってきた気がします。今働いている会社も同様にプログラマーとしての道を示そうとしてくれているのでありがたい限りですし、これからさきもまだまだ若いもんには負けんぞという気概でプログラムをガシガシと組み続けていこうと思います。

20歳からいわゆるIT業界で働きだして、インフラエンジニアと言いながらカスタマーエンジニアさながらLANケーブルを作って自分で構築したファイルサーバをサーバ室にもっていって設置したり、C言語で組込系として携帯電話の開発に携わりパケットが流れることに一喜一憂したり、趣味でWebサービスを立ち上げてみて人が来ない寂しさを味わったりと下回りから上回りまで一通り触ってきました。色々なレイヤのものづくりを経験しましたが、やっぱりどのレイヤでもものづくりは楽しくて、自分が作ったものを人が触ってくれて楽しんでくれているのを見るのは下回りだろうが上回りだろうが変わらずいいものでして、これからも続けていきたいなと思う次第です。

35歳にもなると色々な引き出しが増えてきて、昔に比べると色々なことが出来るし求められることに対してすぐに返答できるようになりました。しかし、引き出しが増えるというのはパターンが増えるということで、パターンが増えると求められるものに対して似ているパターンを考えてついつい自分の引き出しの中から答えを探してしまい、結果として古臭い答えが出てきがちだと思います。どれだけ新しいインプットをしていても、自分が成功した引き出しは常に更新していかないとすぐに老害と呼ばれる人間になってしまいそうな気がしてきています。何かを求められたとき、何かの問題点の解決法を探す時に自分の引き出しの中でそれっぽいものが見つかったとしても、ちゃんと今のトレンドにそっているかを一旦立ち止まって考えることを肝に銘じておきたいものです。

一般的に30歳から40歳ぐらいが会社にとっての稼ぎ時だといわれていて、僕も丁度その中間になったことになります。40歳から先は段々と若い子の稼ぎに乗っかりながら生きていくことになるとか言われてますが、定年もだんだんと上がっていきますし僕が定年を迎えることには30歳から50歳ぐらいまでは稼ぎどきだとか言われているのかもしれません。僕が40際になったときにはまだまだ稼ぎどきだねとか言われるかもしれませんが、転職すると考えると今までは未来を買ってもらって転職していたものがこれからは過去を買ってもらって転職していくようになっていくのでしょう。これまでの自分が経験したことは変えることができないので、自分の価値を高めるためにやっていく戦略というのも丁度折り返しで変わっていかなければならないのかもしれません。戦略と言っても結局は自分を磨き続けるしか無いんでしょうけどね。

エンジニアとしては自分を代表するような何かを作ってみたいという願望は常々あり、所属している組織で判断されるより何を作ったかで認識される人間のほうがかっこいいよなと思うわけで、何か一つぐらいは世に自分を知らしめる何かを作りたいと考えて色々なことに手を出してきて生きてきました。結果として何かひらめいたら自分で作れるだけの技術は持つことはできたと思っているので、後はアイデアとやる気次第なんでしょうが、歳と共に野望も少しづつ削られてきている気がするのが寂しいところです。やれることの幅と作れるものの幅は広がっているのに気力と体はついてこないとはどういうことなんでしょうか。これが歳というものなのでしょうか。昔、細木数子先生の六星占術のもととなったと言われる占いを知り合いが勉強していてその人に占ってもらったことがあるんですが、僕は大器晩成で50台後半で大成するらしいのでそのころになると気力が増えてくるのかもしれないので気長にまとうと思います。

つらつらと風邪を引いて回らない頭でIT業界で働いている35歳として思うことを書いてみたわけですが、過去やってきたことが今に繋がってるんだなとひしひしと感じます。ぽっと今の自分が湧いたわけではなく、色々なことを感じながら学んできた結果として今の自分がいるように、これから先を良くしていきたいのであれば今を積み重ねて生きていくしか無いのでしょう。見城さんではないですが、今この瞬間が死に一番遠い時間であるように、今この瞬間が未来を一番変えることが出来る自分なんだろうと考えながら日々生きていくしか無いということが段々と身にしみてわかってきている気がします。

まぁ、35歳で結婚して子供もできている現状を作ることができた自分というのは今思うと出来すぎだと感じますが、15歳ぐらいの人生設計を考えると全然だったような気がします。それは自分というものを知ることができたから現状で満足できているのか、それとも15歳から妥協し続けた結果として今の自分で満足できているのかは今の僕の年齢ではまだわかりません。ただ、過去の積み重ねの結果として出来上がった自分を否定せずに満足できている現状は精神的には健全なんでしょう。これから何歳まで生きるのかわかりませんが、「現状に満足せず精進する」というような高尚な考えではなく、過去を振り返った時に「自分の能力でここに入れれば上出来だよな」と思えるぐらいの努力を「今」という時間にやっていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

仮面病棟から大幅のパワーアップに驚愕 – 時限病棟

読んだ。期待せずに読んだけど思った以上に面白かった。

ざっくりあらすじを書くと、目が覚めると知らないところに監禁されていてそこから脱出する話になるのだけど、最近流行りのリアル脱出ゲームの体をとりながら進んでいるところが他と比べると新しい。病院で目を覚ました人たちがなぜ監禁されているのかを考えながら脱出ゲームさながらにお題をときながら脱出を試みていくわけだが、脱出ゲームというパッケージがあるおかげでテンポよく話が進んでいくので非常に読みやすく面白い。また、オチの付け方も非常に好みでなかなかよい。

この本は仮面病棟の続きの話になるのだが、繋がりはあまりないので先に読んでおいたほうが良いというわけでもない。仮面病棟はリンク先でも書いているが僕としてはひねりが足りずイマイチだったので、その続編となるこの本はあまりそそられなかったわけだけど前作とは比べ物にならないぐらい好みだった。本作が面白かったから、その前の仮面病棟を・・・と思って読んでしまうと無駄にハードルが上がりすぎてがっかりするかもしれないので注意していただきたい。