息もつかせぬ展開で一気に読んでしまう – 緋い猫

読んだ。続きが気になり一気に読んでしまった。

どういう話かをざっくりかくと、箱入りのお嬢様が好きになった反政府組織の人が疾走したので探しに行く話なんだけど息もつかせぬ展開の連続で非常に面白かった。「その女アレックス」とか「ゴーンガール」とかが好きな人なら楽しく読めると思う。ぐろいというか鬱になるような描写が結構出てくるのでそういうのが苦手な人はきついかもしれないが非常に面白いと思うので一度読んでみてもらいたい。

実際に手で触れそうなパラレルワールドがそこにある – 五分後の世界

“悪意とこだわりの演出術”で面白いということが買いてあった記憶があるので読んだ。

どういう話かをざっくりいうとパラレルワールドに行ってしまった男の話となるわけだけど本当にその世界が存在するのではないのかと思わせるほどの文章だった。村上龍の書いた本を初めて読んだわけだがすごく鬼気迫る描画で引き込む力が強い作家だなと言う印象だった。本作のパラレルワールドは第二次世界大戦で日本が降伏せずに戦争が続いていたら?という世界が描かれており、その世界では未だに戦争は起こっているし日本と戦争は密接に結びついている。僕は実際に戦争というものを体験したことはないので想像しかできないし、村上龍も年齢的に戦争を体験している人ではないはずなのだがそこにあるように描く力というのはなんなのだろう。

戦争を知らずに僕は生まれてこれから先も戦争を知らずに生きていきたいし、子どもたちにも戦争という体験をしてほしくない。この本をよむことで戦争というのはどういうものなのか?ということは僕には感じることはできなかった。生々しい描画ではあるが、戦争と日本を美化して書いているような気がしてあまり好きにはなれない。実際に戦争をするとなれば日本を好きにならなければ戦えないだろうし、日本という国で育っていくということを考え直さないといけないのだろう。日本を美化しているという感想を今は持ったが、そのときには別の感想を持つのだろうか。永遠にそんな時期が来ないことを祈りたいものだ。