アイデアを出すにはパッケージが重要である – 悪意とこだわりの演出術

読んだ。番組の裏側の小話が面白かった。

最近のテレビ番組の中で「水曜日のダウンタウン」が攻めていて面白いと思っていた。悪意が強く叩かれるギリギリのラインを攻めて番組が出来上がっていてたまにきっちりと叩かれているけれど他の番組には無い個性があって非常に面白い。その番組を作っているディレクターが書いた本ということで、どんな感性をもって番組を作ったりしているのか気になり一気に読んでしまった。読み終わった感想としては「よく色々なことを覚えているな」ということだ。自分の琴線に触れたものはよく覚えていると本書内に書いているのだが、それでも覚え過ぎだろうと思うほど色々覚えている。関わった全ての番組に熱意を注ぎまくって作った結果なのかなと勝手に思った。

面白いものを作る方程式として「パッケージを作ってそこから微妙にはみ出す」という作り方をしているらしい。「水曜日のダウンタウン」であれば、何かの説を立証するという見ている人にわかりやすいルールを提供して、そこからどう遊ぶか?ということを考えないとわかりにくく面白くないものが出来上がるようだ。なにかの物事を考えるときに枠組みがあるのと無いのでは出てくるアイデアも全然違ってくる。どこに向かうのか?ということだけは決めておかないとアイデアの方向性がチグハグなものがたくさん出てきて何かに絞って考えるのが難しくなるのだろう。広げやすくパッケージ化しやすいルールが決まってしまえば後は知恵を出し合えばそれなりにうまくいくので最初のルール決めが一番重要なんだろう。

また、尖ったものを作るために全てを自分で決めるらしい。いろいろな人の意見をまとめると及第点のものはできあがるけれども爆発的に面白いものができないので自分で全てを決めていると書いてあった。

http://blog.choilabo.com/20141114/412

とかで前に書いたけど、万人受けするものではなくて一部の人にすごく受けるものというのは強烈な個性が必要で、その個性というものは意見を取り入れれば取り入れるほど削り取られていくんだと思う。サンデーの編集長が変わって最近面白くなってきたという話を聞くが、それも編集長一人が全ての責任を負ってでも最終決定は一人でやっているからこその個性であり面白みなんだろう。なかなか勇気がいるし、ワンマンだと文句も色々出るんだろうが、一回ぐらい全てを自分で決めるプロジェクトを立ち上げて自分の感性はどれくらい世間に受け入れてもらえるのかということを試してみたいものだ。

話が通じないから武装して威圧するというのは意味が無いのかもしれないという話

最近、北朝鮮からミサイルがバンバン飛んで来るっていう話の流れで、松本さんが一発殴ってやらないといけないっていう言葉を発した後にピーコさんに「おすぎさんからバンバン殴られたら殴り返すでしょ?」って言われた後、ピーコさんが「戦争と人の喧嘩を一緒にしちゃダメよ」っていう言葉を空気が変わるぐらいの重さを出しながら言っててたしかになと思った。

SEALDSをバカにする目的で上がっているであろう動画で以下の動画がある。

https://www.youtube.com/watch?v=IPzTlRy6ek4

殴ってでも取りに行くけどどうするの?って煽ってるけど、これって国と国との問題を個人レベルに落とし込んで極論として自分のフィールドに持ち込もうとしていて、詐欺師が用いる手段と同じような気がする。個人レベルだと話し合いで解決しようとして殴ってでも取りに来られたら警察呼ぶし、警察がいなかったとしても人ごみで殴ってでも取ろうとしている人がいたら普通に周りの人は止めると思う。で、結局殴って奪いとったものは警察だったり周りの人だったりの仲裁を元に奪い取られた人の手元に戻って、殴った人は殴ったっていう結果だけ残るので、あいつは暴力してまでも人のものを取ろうとするやつだって言う悪い評判だけが残ることになる。個人でもこうなるのに国レベルだともっと色々なしがらみがあってなかなか手を出せないのが普通なんだろう。

いま日本が武装して自衛権を持つようにすると言っている。それは「殴られたら殴り返す」というアピールをすることなんだろう。あいつから殴られたらひどいことになりそうだっていうことをアピールすることで殴られないようにするという自衛方法なんだろうが、いくら強そうでもこいつは殴ってこないって言うことがバレてしまえばいくら強そうでもあまり意味なくなる。あいつはウドの大木だとバカにされ武装したぶんの費用だけが無駄になることになるんじゃなかろうか。自衛のためとは言え殴ってしまうと国単位で見るとたんこぶぐらいかもしれないが、個人単位で言えば多くの人が死ぬことになるんだろう。僕はそんな世界は来てほしくはない。

じゃあどうすればいいのかというと、周りの人に例えればチクリ魔になるのが一番いいんじゃなかろうか。何かされたら全世界に「こいつこんなひどいことしてまっせ」と事ある毎に文句を言い続ければちょっかいを出してこなくなるんじゃなかろうか。先生に言いつけまくるやつは格好悪いけど生存するための策略としては悪くないのかもしれない。それは話し合いで解決するというより言葉で殴り合うということになるんだろうが、直接ドンパチやるよりも建設的で平和的だと思う。

良いスピーチとはなにかをわかりやすく感じる – 本日は、お日柄もよく

読んだ。わかりやすい展開とテンポの良い作品だと思う。

ざっくりというと友人の結婚式でスピーチしている女の人に興味をひかれて紆余曲折ありながらスピーチライターになっていく女の子を描いた物語だ。よく言えば全体的に文章が軽く、中学生から高校生ぐらいが読みやすく理解しやすい本だと思う。悪く言えば薄い表現ばかりで読み応えは無い。スピーチライターという職業がキャッチーでみんながなんとなく思っているプレゼンのもどかしさを触りの部分だけわかりやすく記載しているのがヒットの要因なんだろうか。僕には少女漫画をそのまま文章にしたように感じてあまり好みの話ではなかった。

本作とはちょっとズレるかもしれないが、本作ではスピーチとして自民党と民進党のパロディ的な話がある。民進党は自民党が出してきたスピーチと真逆のことをいって対抗馬としての地位を作らないといけないというような表現が出てくるのだが、野党のスピーチを効いていると自民党の揚げ足取りと真逆の事を言うことを念頭に置きすぎているように聞こえてしまう。この本が広がれば広がるほど自民党が自主的に制作を考えて発表して野党はそれを批判するという構図なのだと世間に広がってしまうのはどうかと思う。まぁ、広まってもこれはフィクションなのだから現実は全然違うスピーチをしていてくれればいいのだが、僕の目から見るとこの本に書いてあるとおり真逆のことを言ってとりあえず自民党に反発している人間の票を取り込もうとしているようにしか見えないのが悲しいところだ。与党の支持率が下がったから野党の支持率があがるというのではなく、野党の支持率が上がったから与党の支持率が下がるという構図を作り出せるように揚げ足取りばかりしているように見えないスピーチをしてほしいものだ。

広がり続けて狭まっていくインターネットの世界よ – さよならインターネット

読んだ。家入さんという人らしさが出ている本だと思う。

先に書いておくと僕は家入さんをよく知らない。ペパボの元社長で稼いだ金を全部溶かしてなにかやっては炎上してる面白そうな人というぐらいの知識はあるけど、実際にあって話したことは無いし、なんなら顔もよく知らない。やりたいことをやって炎上しまくっているのに周りから人がいなくなってなさそうなので、いい人なんだろうと思っていたけど、この本を読み終わっても印象は変わらなかった。基本的にはいい人でインターネットを使って周りの人が助かればいいという考えで色々作っているのだろう。インターネットに助けられ、インターネットを使って知らない人が勝手に助かってくれればいいかなぐらいの気持ちでサービスを作っている。そんな人なんだろう。そんなインターネットに助けられそばに寄り添われながら生きてきた家入さんが「さよならインターネット」といっているのだから重みが違うと思う。

この本にも書かれていて僕自信も感じているのはインターネットというものは性質上、自分が好む情報しかはいってこないランダム性が少ないものになってきているということだ。僕は一時期テレビを持たずに、世間の情報を得るのはインターネットのみの時期があるのだがこのときに一番困ったのは世間ではやっていることがよくわからなくなるということだった。インターネットは知ろうとすれば事細かに色々なことを知ることは出来るが、興味が無いものを知ることにこれほど適していないツールはない。色々なサービスが良かれと思って自分が好きなことを送ってくれて嫌いなことは排除してくれる。インターネットに浸かりこめば浸かりこむほど自分が好きな情報しか流れてこない居心地のいい世界が出来上がっていくが、それはもしかしたら好きになるかもしれない情報を遮断してどんどんと狭い世界に生きていっていることにすぎないわけで、それが良いことか悪いことなのかそれは人によるのだろう。家入さんはそれを良しと思わず、あえてインターネットから離れることでランダムに好きになるかもしれない情報も入れていくべきだと言っている。

現状のインターネットは好きなことを発言すればわけの分からない人間から叩かれる脅威は誰にも等しくあり面白くない。面白い発言をすれば叩かれる可能性は高くなり、誰もがポジショントークをしている。ポジショントークだけであればよいが、アフィリエイトでお金を稼ぐためだけに全く知らないことをあたかも体験したかのように記事を書き、自分はこれだけ儲かっているのだと周りにアピールする。そんな無味無臭で毒にも薬にもならないもので承認欲求を満足させることが出来るのであればそれはそれで良いのかもしれないが僕はそれを見たくない。それを見たくないがゆえにフィルタすればするほどインターネットの世界は狭くなり居心地のいい生きながらに死んでいる世界が出来上がっていくのだろう。

そんな世界に住みたくないけど、僕はインターネットから離れたいと思うほどまだ達観もできていない。まだまだインターネットからいろいろな情報をもらいたいし、僕自信もいろいろな情報を発信できれば良いなぁと思っている。なので、とりあえずははてブ互助会が全て死滅してはてブだけでもそれなりに気持ちいい世界が出来上がれば良いなぁと切に願う。