懐かしき青春を思い出してしまう – くちびるに歌を

読みました。

昔から乙一さんが書いている本が好きで、最近新しい本を書かないなぁと思っていたらペンネームを変えて書いていたとは。。。中田永一さんとして書いている本を初めて読んだが、白乙一が書いているような爽やかな綺麗な本だという印象。予備知識も何もなしに読みだしたので、Nコンで歌われる歌として「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の歌詞が出てきて、この歌はそういう歌だったのかとびっくりした。

白乙一さんらしく、文章が綺麗で上手くまとめられていてすごく読みやすかった。合唱部の青春というのは僕は味わったことが無いわけだが、男女共学で一つの目標に向かって進んでいくのは楽しいんだろう。「夜のピクニック」を読んで以来久しぶりにこんな青春を味わっておけばよかったかなと思えた作品。

人が死なないミステリー – カササギたちの四季

読んだ。ミステリーといえば人が死んだり、攫われたり、監禁されたりするみたいな物騒な話が多いが本作品はそんなことはない。人が死なないミステリーとは上手く言ったなと思える。登場人物の憎めない、人間臭い描画が非常に良く、道尾秀介さんらしい綺麗なオチの付け方も素晴らしいと思う。

人が死なないミステリーといえば、氷菓 (角川文庫)が有名だけど、最後の最後に道尾秀介さんらしいひねりが加わっているので僕としてはこっちのほうが好きだ。

肩の力を向いて読みたいミステリー – 仮面病棟

ざっくり言うと「強盗犯が病室に立てこもって患者と医者を監禁する」という話なのだが、話が進むにつれて少しづつ暴かれていく犯人の目的の描写が秀逸。

なぜこの強盗を犯したのか?なぜこの病院に来たのか?なぜ女性を銃で撃ったのか?

伏線の貼り方がわかりやすく肩の力を抜いて軽く読む本としては非常に面白い本だと思う。しかし、帯の煽り文句が煽りすぎていて期待が高すぎたせいか、読みながら予想した落ちを上回ってはくれなかった。驚愕といえるほどではないが何も考えずに読めば面白いのではなかろうか。