ミステリーの参考書のような短篇集 – 満願

このミステリーがすごい!で話題になっていたので、文庫になるのを待てずに読んだ。短篇集ですべての話にきっちりと落ちがついており、なるほど。確かに面白いと思える。全ての話で起承転結がきっちりついていて読みやすく、ミステリーの初心者でも肩肘張らずに読むことができる本なのではなかろうか。ただ、どういう本なのか知らずに読み始めてしまった僕が悪いのだろうが、短篇集ではなく長編小説だと思っていたためちょっと拍子抜けしてしまった。短編で伏線を回収する本が好きで通勤時間に読む本を探している方であればちょうど移動時間に読み終わることができる分量だしいいんじゃなかろうか。