ITの業界で働きだして15年ぐらいたちました

昨日の誕生日で35歳を迎えました。せっかくの誕生日を風邪を引いてしまうという悲しいスタートを切ったわけですが、会社もお休みを頂いてせっかく時間もあることですし日記でも書こうと思います。

35歳というとIT業界では「35歳定年説」がまことしやかにささやかれていて、働き出した頃には戦々恐々としていましたが、いざ35歳になってみるとコードが書けなくなったわけでもないし、頭が回らなくなった気もせずまだまだコードを書いて生きていける気がしています。「35歳定年説」はSier業界で35歳になったら上流設計をして手を動かすのは若いものに任せないとお金を稼げないから言われていた話であって、最近のIT業界の記事とかを見ていると僕よりも年上でも現役バリバリのプログラマーもいっぱいいますし、会社も35歳以上はマネージャじゃないと給料が上る道がないという感じではなく他の道も示してくれている会社が多くなってきた気がします。今働いている会社も同様にプログラマーとしての道を示そうとしてくれているのでありがたい限りですし、これからさきもまだまだ若いもんには負けんぞという気概でプログラムをガシガシと組み続けていこうと思います。

20歳からいわゆるIT業界で働きだして、インフラエンジニアと言いながらカスタマーエンジニアさながらLANケーブルを作って自分で構築したファイルサーバをサーバ室にもっていって設置したり、C言語で組込系として携帯電話の開発に携わりパケットが流れることに一喜一憂したり、趣味でWebサービスを立ち上げてみて人が来ない寂しさを味わったりと下回りから上回りまで一通り触ってきました。色々なレイヤのものづくりを経験しましたが、やっぱりどのレイヤでもものづくりは楽しくて、自分が作ったものを人が触ってくれて楽しんでくれているのを見るのは下回りだろうが上回りだろうが変わらずいいものでして、これからも続けていきたいなと思う次第です。

35歳にもなると色々な引き出しが増えてきて、昔に比べると色々なことが出来るし求められることに対してすぐに返答できるようになりました。しかし、引き出しが増えるというのはパターンが増えるということで、パターンが増えると求められるものに対して似ているパターンを考えてついつい自分の引き出しの中から答えを探してしまい、結果として古臭い答えが出てきがちだと思います。どれだけ新しいインプットをしていても、自分が成功した引き出しは常に更新していかないとすぐに老害と呼ばれる人間になってしまいそうな気がしてきています。何かを求められたとき、何かの問題点の解決法を探す時に自分の引き出しの中でそれっぽいものが見つかったとしても、ちゃんと今のトレンドにそっているかを一旦立ち止まって考えることを肝に銘じておきたいものです。

一般的に30歳から40歳ぐらいが会社にとっての稼ぎ時だといわれていて、僕も丁度その中間になったことになります。40歳から先は段々と若い子の稼ぎに乗っかりながら生きていくことになるとか言われてますが、定年もだんだんと上がっていきますし僕が定年を迎えることには30歳から50歳ぐらいまでは稼ぎどきだとか言われているのかもしれません。僕が40際になったときにはまだまだ稼ぎどきだねとか言われるかもしれませんが、転職すると考えると今までは未来を買ってもらって転職していたものがこれからは過去を買ってもらって転職していくようになっていくのでしょう。これまでの自分が経験したことは変えることができないので、自分の価値を高めるためにやっていく戦略というのも丁度折り返しで変わっていかなければならないのかもしれません。戦略と言っても結局は自分を磨き続けるしか無いんでしょうけどね。

エンジニアとしては自分を代表するような何かを作ってみたいという願望は常々あり、所属している組織で判断されるより何を作ったかで認識される人間のほうがかっこいいよなと思うわけで、何か一つぐらいは世に自分を知らしめる何かを作りたいと考えて色々なことに手を出してきて生きてきました。結果として何かひらめいたら自分で作れるだけの技術は持つことはできたと思っているので、後はアイデアとやる気次第なんでしょうが、歳と共に野望も少しづつ削られてきている気がするのが寂しいところです。やれることの幅と作れるものの幅は広がっているのに気力と体はついてこないとはどういうことなんでしょうか。これが歳というものなのでしょうか。昔、細木数子先生の六星占術のもととなったと言われる占いを知り合いが勉強していてその人に占ってもらったことがあるんですが、僕は大器晩成で50台後半で大成するらしいのでそのころになると気力が増えてくるのかもしれないので気長にまとうと思います。

つらつらと風邪を引いて回らない頭でIT業界で働いている35歳として思うことを書いてみたわけですが、過去やってきたことが今に繋がってるんだなとひしひしと感じます。ぽっと今の自分が湧いたわけではなく、色々なことを感じながら学んできた結果として今の自分がいるように、これから先を良くしていきたいのであれば今を積み重ねて生きていくしか無いのでしょう。見城さんではないですが、今この瞬間が死に一番遠い時間であるように、今この瞬間が未来を一番変えることが出来る自分なんだろうと考えながら日々生きていくしか無いということが段々と身にしみてわかってきている気がします。

まぁ、35歳で結婚して子供もできている現状を作ることができた自分というのは今思うと出来すぎだと感じますが、15歳ぐらいの人生設計を考えると全然だったような気がします。それは自分というものを知ることができたから現状で満足できているのか、それとも15歳から妥協し続けた結果として今の自分で満足できているのかは今の僕の年齢ではまだわかりません。ただ、過去の積み重ねの結果として出来上がった自分を否定せずに満足できている現状は精神的には健全なんでしょう。これから何歳まで生きるのかわかりませんが、「現状に満足せず精進する」というような高尚な考えではなく、過去を振り返った時に「自分の能力でここに入れれば上出来だよな」と思えるぐらいの努力を「今」という時間にやっていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

仮面病棟から大幅のパワーアップに驚愕 – 時限病棟

読んだ。期待せずに読んだけど思った以上に面白かった。

ざっくりあらすじを書くと、目が覚めると知らないところに監禁されていてそこから脱出する話になるのだけど、最近流行りのリアル脱出ゲームの体をとりながら進んでいるところが他と比べると新しい。病院で目を覚ました人たちがなぜ監禁されているのかを考えながら脱出ゲームさながらにお題をときながら脱出を試みていくわけだが、脱出ゲームというパッケージがあるおかげでテンポよく話が進んでいくので非常に読みやすく面白い。また、オチの付け方も非常に好みでなかなかよい。

この本は仮面病棟の続きの話になるのだが、繋がりはあまりないので先に読んでおいたほうが良いというわけでもない。仮面病棟はリンク先でも書いているが僕としてはひねりが足りずイマイチだったので、その続編となるこの本はあまりそそられなかったわけだけど前作とは比べ物にならないぐらい好みだった。本作が面白かったから、その前の仮面病棟を・・・と思って読んでしまうと無駄にハードルが上がりすぎてがっかりするかもしれないので注意していただきたい。

息もつかせぬ展開で一気に読んでしまう – 緋い猫

読んだ。続きが気になり一気に読んでしまった。

どういう話かをざっくりかくと、箱入りのお嬢様が好きになった反政府組織の人が疾走したので探しに行く話なんだけど息もつかせぬ展開の連続で非常に面白かった。「その女アレックス」とか「ゴーンガール」とかが好きな人なら楽しく読めると思う。ぐろいというか鬱になるような描写が結構出てくるのでそういうのが苦手な人はきついかもしれないが非常に面白いと思うので一度読んでみてもらいたい。

実際に手で触れそうなパラレルワールドがそこにある – 五分後の世界

"悪意とこだわりの演出術"で面白いということが買いてあった記憶があるので読んだ。

どういう話かをざっくりいうとパラレルワールドに行ってしまった男の話となるわけだけど本当にその世界が存在するのではないのかと思わせるほどの文章だった。村上龍の書いた本を初めて読んだわけだがすごく鬼気迫る描画で引き込む力が強い作家だなと言う印象だった。本作のパラレルワールドは第二次世界大戦で日本が降伏せずに戦争が続いていたら?という世界が描かれており、その世界では未だに戦争は起こっているし日本と戦争は密接に結びついている。僕は実際に戦争というものを体験したことはないので想像しかできないし、村上龍も年齢的に戦争を体験している人ではないはずなのだがそこにあるように描く力というのはなんなのだろう。

戦争を知らずに僕は生まれてこれから先も戦争を知らずに生きていきたいし、子どもたちにも戦争という体験をしてほしくない。この本をよむことで戦争というのはどういうものなのか?ということは僕には感じることはできなかった。生々しい描画ではあるが、戦争と日本を美化して書いているような気がしてあまり好きにはなれない。実際に戦争をするとなれば日本を好きにならなければ戦えないだろうし、日本という国で育っていくということを考え直さないといけないのだろう。日本を美化しているという感想を今は持ったが、そのときには別の感想を持つのだろうか。永遠にそんな時期が来ないことを祈りたいものだ。

よくある話の力はあなどれない – 不死症

読んだ。なんともない話なのになぜか一気に読んでしまった。

ざっくりした内容は噛まれると感染するゾンビから逃げながら助かる方法を探すっていうよくあるお話。爆発のショックで記憶を失っている主人公とか、手を前に出して襲ってくるゾンビとか、噛まれたらゾンビになってしまうとか、よくある設定がこれでもかと押し込まれた本作品なわけだが、ありきたりだからこそ理解しやすく読みやすいのかもしれない。感染症でゾンビになっていくというのはよくあるけど「ゾンビから心がこもったプレゼントを貰ったら感染する」とかいう独自の設定を盛り込まれるとそれを理解することに力を使ってしまうせいで話が頭に入ってきにくい。ありきたりな設定にはありきたりな設定なりのいいところがあるんだと思う。

ありきたりな設定でありきたりな動きをしてありきたりに動いていく主人公達だけどラストに向かって少しづつありきたりからずれていきながらわかりやすい落ちへと持っていく流れは非常に素晴らしく、ここが一気に読ませてしまう力となっているのかと思う。ゾンビが出てくる話は石を投げればぶつかるほど巷に溢れている中で売れる本というだけの力はあると思う。

TextViewのMarqueeが動かない問題に終止符を

TextViewのMarqueeが動かない問題でいつも悩んでいるので色々なところを参考にして以下のクラスを作った。これならどの場面でも動くことは動く。

以下が参考になる。

http://stackoverflow.com/questions/1827751/is-there-a-way-to-make-ellipsize-marquee-always-scroll

http://saways.blogspot.jp/2011/10/textview-marquee.html

どちらも最終的な結論は「isFocuse()でtrueを返せ!」なんだけど、isFocuse()でtrueを返すとフォーカスがTextViewにあることになるのでキーボードが開けないという困ったことが起こる。なので、StackTraceからMarqueeに必要な関数から呼ばれているかを判定してtrueを返答するようにしてるんだろうけどこれだと関数名が変わったり、別の箇所から呼ばれたりとRefactorされただけで動かなくなってしまいそうで怖い。

実際にTextViewの中身を見ると && (isFocuse() || isSelected()) で判定をしているので、どちらかを返答すればよいのだからisSelected()でtrueを返答してあげたほうが実害が少ないのでこっちを採用することで僕の環境だと上手く動いた。XMLで色々やったりしてもどうしても動かない箇所が出てくるのでこれで動かすのが今のところのベスト。もし違う実装が見つかったらまた書くかも。

小気味良いミステリが詰まった短編集 – そして名探偵は生まれた

読んだ。小気味の良い短編集で通勤のお供にはぴったりな一冊だった。

この本は4つの短編集で、どの短編も読み応えがあり非常に面白い。なんとなくこういうことなのかなという読者の予想をきっちりと裏切り予想外の結末へと持っていく手腕は素晴らしいと思う。

タイトルにもなっている「そして名探偵は生まれた」という話も短編の中の一つとなる。ざっというと小説に出てくるような名探偵と推理小説オタクの助手が旅行先で巻き込まれる殺人事件の話となり、これだけきくとよくある単純な話に聞こえる。コナンくんや金田一くんと旅先であったら遺書を書いておいたほうがいいと言われるほど名探偵+旅行=殺人事件という数式は成り立ちやすい。しかしこの作品がちょっと違うのはこの名探偵は非常にやる気がない。殺人事件が起きたと助手が言っても一向に解決しようと動かずに寝たままなのである。その理由は今まで自分が解決した難事件を本にしようとしたせいで事件の当事者から訴えられたせいで、事件を解決しても何もいいことがないと悟っているからだ。このなんとも微妙な名探偵と殺人事件を絡ませて読者の予想を裏切る結末を作り上げる手腕は素晴らしいと思う。

この作品だけでもこの本を買う価値があるとは思うが、他の作品も負けず劣らず素晴らしい。僕としては「宗教家が爆破テロを起こして島に逃げる」という話が好みだった。極限状態の人間模様のドロドロな中にも虎視眈々と色々考えている人間がいるというのがなんとも人間臭くて良いと思う。

高校生探偵物の正統派作品 – 体育館の殺人

「今読むならこの本」という帯に惹きつけられて読んだ。今読むならこの本じゃなくてもいいと思った。

あらすじをざっというと体育館で殺人事件が起きて高校生探偵が解決するというよくある話。高校生探偵は変わり者でとっつきにくいけど異常に頭が良い。1聞いただけで10を知って事件を解決していく様は金田一少年の事件簿を彷彿とさせる。なぜかよくわからない高校生に事件内容を教えていく刑事や、なぜか密室として認識される体育館など、高校生探偵物におけるツッコミどころを全て詰め込んでいて、良く言えばわかりやすく読みやすい、悪く言えば既視感のある作品だと思う。

僕も高校生の頃は金田一少年の事件簿のノベル版をワクワクして読んで、解決編の前に読むのをやめて自分でトリックを考えてから解決編を読んで、トリックの当たった外れたを楽しみながら読んでいた記憶があるが、トリックを考えるのもめんどくさくすぐに解決編を読んでしまったのは僕が年老いたからなのだろう。新しい気持ちで読むことが出来る人であればトリックのワクワクや、読み終わった後にそうだったのかと思わせるテクニックは金田一少年の事件簿よりも上だと個人的には思う。しかし、僕には「今」ではなく「昔」に読みたかったと思えたのが残念だ。

アイデアを出すにはパッケージが重要である – 悪意とこだわりの演出術

読んだ。番組の裏側の小話が面白かった。

最近のテレビ番組の中で「水曜日のダウンタウン」が攻めていて面白いと思っていた。悪意が強く叩かれるギリギリのラインを攻めて番組が出来上がっていてたまにきっちりと叩かれているけれど他の番組には無い個性があって非常に面白い。その番組を作っているディレクターが書いた本ということで、どんな感性をもって番組を作ったりしているのか気になり一気に読んでしまった。読み終わった感想としては「よく色々なことを覚えているな」ということだ。自分の琴線に触れたものはよく覚えていると本書内に書いているのだが、それでも覚え過ぎだろうと思うほど色々覚えている。関わった全ての番組に熱意を注ぎまくって作った結果なのかなと勝手に思った。

面白いものを作る方程式として「パッケージを作ってそこから微妙にはみ出す」という作り方をしているらしい。「水曜日のダウンタウン」であれば、何かの説を立証するという見ている人にわかりやすいルールを提供して、そこからどう遊ぶか?ということを考えないとわかりにくく面白くないものが出来上がるようだ。なにかの物事を考えるときに枠組みがあるのと無いのでは出てくるアイデアも全然違ってくる。どこに向かうのか?ということだけは決めておかないとアイデアの方向性がチグハグなものがたくさん出てきて何かに絞って考えるのが難しくなるのだろう。広げやすくパッケージ化しやすいルールが決まってしまえば後は知恵を出し合えばそれなりにうまくいくので最初のルール決めが一番重要なんだろう。

また、尖ったものを作るために全てを自分で決めるらしい。いろいろな人の意見をまとめると及第点のものはできあがるけれども爆発的に面白いものができないので自分で全てを決めていると書いてあった。

http://blog.choilabo.com/20141114/412

とかで前に書いたけど、万人受けするものではなくて一部の人にすごく受けるものというのは強烈な個性が必要で、その個性というものは意見を取り入れれば取り入れるほど削り取られていくんだと思う。サンデーの編集長が変わって最近面白くなってきたという話を聞くが、それも編集長一人が全ての責任を負ってでも最終決定は一人でやっているからこその個性であり面白みなんだろう。なかなか勇気がいるし、ワンマンだと文句も色々出るんだろうが、一回ぐらい全てを自分で決めるプロジェクトを立ち上げて自分の感性はどれくらい世間に受け入れてもらえるのかということを試してみたいものだ。

話が通じないから武装して威圧するというのは意味が無いのかもしれないという話

最近、北朝鮮からミサイルがバンバン飛んで来るっていう話の流れで、松本さんが一発殴ってやらないといけないっていう言葉を発した後にピーコさんに「おすぎさんからバンバン殴られたら殴り返すでしょ?」って言われた後、ピーコさんが「戦争と人の喧嘩を一緒にしちゃダメよ」っていう言葉を空気が変わるぐらいの重さを出しながら言っててたしかになと思った。

SEALDSをバカにする目的で上がっているであろう動画で以下の動画がある。

https://www.youtube.com/watch?v=IPzTlRy6ek4

殴ってでも取りに行くけどどうするの?って煽ってるけど、これって国と国との問題を個人レベルに落とし込んで極論として自分のフィールドに持ち込もうとしていて、詐欺師が用いる手段と同じような気がする。個人レベルだと話し合いで解決しようとして殴ってでも取りに来られたら警察呼ぶし、警察がいなかったとしても人ごみで殴ってでも取ろうとしている人がいたら普通に周りの人は止めると思う。で、結局殴って奪いとったものは警察だったり周りの人だったりの仲裁を元に奪い取られた人の手元に戻って、殴った人は殴ったっていう結果だけ残るので、あいつは暴力してまでも人のものを取ろうとするやつだって言う悪い評判だけが残ることになる。個人でもこうなるのに国レベルだともっと色々なしがらみがあってなかなか手を出せないのが普通なんだろう。

いま日本が武装して自衛権を持つようにすると言っている。それは「殴られたら殴り返す」というアピールをすることなんだろう。あいつから殴られたらひどいことになりそうだっていうことをアピールすることで殴られないようにするという自衛方法なんだろうが、いくら強そうでもこいつは殴ってこないって言うことがバレてしまえばいくら強そうでもあまり意味なくなる。あいつはウドの大木だとバカにされ武装したぶんの費用だけが無駄になることになるんじゃなかろうか。自衛のためとは言え殴ってしまうと国単位で見るとたんこぶぐらいかもしれないが、個人単位で言えば多くの人が死ぬことになるんだろう。僕はそんな世界は来てほしくはない。

じゃあどうすればいいのかというと、周りの人に例えればチクリ魔になるのが一番いいんじゃなかろうか。何かされたら全世界に「こいつこんなひどいことしてまっせ」と事ある毎に文句を言い続ければちょっかいを出してこなくなるんじゃなかろうか。先生に言いつけまくるやつは格好悪いけど生存するための策略としては悪くないのかもしれない。それは話し合いで解決するというより言葉で殴り合うということになるんだろうが、直接ドンパチやるよりも建設的で平和的だと思う。